東京地裁、元AV嬢に執行猶予判決という記事より。

覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の罪に問われた元AV女優、倖田梨紗=本名・菊地有紗=被告(23)の初公判が3日、東京地裁で開かれた。検察側が懲役1年6月を求刑して即日結審し、井口修裁判官は懲役1年6月執行猶予3年、覚せい剤と大麻の没収を言い渡した。

覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の罪に問われた元AV女優・倖田梨紗被告の初公判が開かれ、懲役1年6月執行猶予3年が言い渡されました。

法廷での倖田梨紗被告は「紺のジャージー姿。顔はやつれ、人気AV嬢の面影はなかった」ということです。

判決を聞きキョトンとしていると、裁判官から「執行猶予はわかりますか。いますぐ服役しないでいいということです」と諭され、大きく頷いた。

覚せい剤に手を出したきっかけに祖父の死や交際相手との破局を挙げ「寂しかった。母は病気で相談できなかった」と号泣したそうです。

プロテニス・宮尾祥慈と元AV女優・倖田梨紗、大麻で逮捕ということでしたが、一緒に逮捕された宮尾祥慈被告はどうなるのでしょうね。