元浦和レッズ選手を逮捕…中3少女に売春させた疑いという記事より。

愛知県警中村署は3日までに、少女に売春をさせたとして児童福祉法違反の疑いで、J1浦和レッズ元選手の派遣社員三上明紀(39)=静岡県焼津市=と、会社員猪原一広(30)=東京都町田市=の両容疑者を逮捕した。

2007年10月に、当時中学3年生だった少女に50歳の会社員とみだらな行為をさせた疑いで、元浦和レッズ選手の派遣社員三上明紀容疑者が逮捕されました。

「知らない」と容疑を否認しているということですが、会社員に数百万を要求したことから、警察に相談して発覚したということです。

三上容疑者は静岡県立藤枝東高校を卒業後、1993年から2年間、浦和レッズのFWなどで13試合に出場した。

いましたね、三上。こういう事件で浦和レッズの名前が出てくるというのは、非常に残念なことです。

■関連記事

少女に売春させた疑いで元浦和選手を逮捕

調べでは、両容疑者は昨年10月31日午後、名古屋市中区のマンションで、当時14歳だった愛知県瀬戸市の中学3年女子生徒に、名古屋市中区の男性会社員(50)とみだらな行為をさせた疑い。少女には報酬として150万円を支払うと言っていたという。