首都高・大型車炎上事故の被害額は45億円という記事より。

ガソリンを積んだタンクローリーが横転、炎上した事故のため、一部通行止めなどが続いていた首都高速5号線で14日、復旧工事が終わり、約2カ月ぶりに全面開通した。首都高速道路会社は同日、この事故による被害額は約45億円に上る見通しだと発表。

ガソリンを積んだ大型トレーラーが横転、炎上した事故により通行止めとなっていた首都高5号線が、予定より早く全面開通しました。予定より約1ヶ月、早まったそうです。

首都高によると、

・通行止めのあった8、9月の料金収入が25億円減少
・橋の架け替えになどの復旧工事に20億円

ということで、被害額の合計金額は最大45億円に上るそうです。

ただ料金収入の減少は、景気低迷やガソリン高でマイカー利用が減ったなどの要因もあるとみられる。

いずれにせよ、数十億円規模の被害にはなりそうです。

首都高では、事故を起こした運送会社に賠償額を請求する方針。

事故を起こした多胡運輸では「被害額を聞いて驚いている。できる範囲で誠心誠意、対応させていただきたい」とコメントしていますが、果たしてそんなにもの巨額に対応できるのでしょうか。

■関連記事

首都高5号線事故で被害額は最大45億円

記者会見した首都高の佐々木克己社長は「損害が経営に与える影響は小さくない。賠償請求をきちんとやりたい」と述べ、多胡運輸だけでなく、ガソリン運搬を依頼した荷主にも賠償請求できるかどうかも検討する方針を示した。