しゃぶしゃぶの次は漬物を使い回しという記事より。

外食店を展開するクリエイト・レストランツ(東京)は7日、そば店「そば匠十兵衛イオンモール水戸内原店」(水戸市)で、客に出した漬物を使い回していたと発表した。

しゃぶしゃぶ「しゃぶ菜」で肉の使い回し発覚していたクリエイト・レストランツですが、過去1年にさかのぼった社内調査で、今度は漬物の使い回しが判明しました。

そばに添えて小皿で出した漬物のうち、客が手を付けてなさそうなものを、従業員が個人の判断で、別の客に出したという。

使い回しを考える人って、コストを削減したい人だと思うのですが、従業員が勝手にMOTTAINAIとなるのですかね。

食材の再使用に関する調査委員会の最終報告について(PDF)が出てまして、それによると「社員1名が、超繁忙時に本来行うべき提供準備作業を怠った」ためと理由が説明されていました。

田中アップルが「食べるほうにも勇気が求められるということですよ」と話していたのですが、確かにそうかもしれませんね。

■関連記事

肉の次は漬物を使い回し!水戸市のそば店

使い回しは平成19年7月から今年1月にかけての8日間、1日5~10回ほど行われた。