新幹線「Hack」と落書きされ運休という記事より。

1日午前5時ごろ、東京都北区の東京新幹線車両センター構内で、東京発越後湯沢行き上越新幹線「たにがわ401号」(10両編成)の2号車の側面に落書きされているのが、発車前の点検で見つかった。

上越新幹線に落書きされているのが見つかり、運休したそうです。書かれた落書きは「Hack」でした。

JR東日本によると、車体の中央部から後ろ寄り約4-5メートルの範囲で青、赤、白のスプレーのようなもので「Hack」などの英文字が書かれていた。

なぜ「Hack」だったのでしょうね?

人名なのか、それともいわゆるハッキングの「Hack」なのでしょうか。

ハッキング - Wikipediaを見ると、もともとは「たたき切る」「切り刻む」「耕す」という意味を持つそうです。

上越新幹線の車両に「Hack」の落書きによると「何者かがセンター構内に侵入して落書きをしたとみて、器物損壊容疑」で警察が調べているということです。

■関連記事

新幹線が落書きで運休…JR東「過去に例ないのでは」

JR東の関係者は「新幹線の車庫は警備が厳重なため、落書きの被害そのものもまれ。運休となると、過去に例がないのではないか」と困惑していた。

「Hack」って何?車両に落書き新幹線運休

隣に止まっていた長野新幹線「あさま」(8両編成)の1号車にも落書きされていた。