東名でフェラーリが大破…会社員が重体、同乗女性は重傷という記事より。

11日午前9時20分ごろ、静岡県富士市伝法の東名高速道路上り線で、岐阜市則武中の会社員、鬼頭健司さん(43)が運転するフェラーリが路肩のガードレールに衝突し、大破した。

運転していた男性は頭を強く打って重体、同乗していた女性はあごの骨を折る重症だそうです。

それにしても、大破したフェラーリの写真を見ると、よく助かったな‥‥というくらいの壊れ方をしています。

車は事故直前に追い越し車線を走っていたが、左にハンドルを切って路肩のガードレールにぶつかった。

この日、富士スピードウェイではギネス記録に挑戦するフェラーリのパレードがあり、そこに向かっていたと見られているということです。

フェラーリ490台がパレード…ギネス記録に挑戦!ということで、こちらもニュースになっています。

これまでのフェラーリ車パレードの記録は昨年6月、英国で樹立された385台。

もしかすると、491台だったのかもしれないのですね。無事に回復されことをお祈りいたします。

■関連記事

490台パレード向かう途中?フェラーリ大破

主催のフェラーリ日本総代理店「コーンズ」が、撮影したビデオをギネス・ワールド・レコーズ社に送り、審査を受ける。

富士スピードウェイのパレード参加?フェラーリ大破

フェラーリの新車の価格は2000万円から3000万円台という。

フェラーリ490台パレード、世界記録に挑戦

パレードは午後零時半ごろ開始。“跳ね馬”マークをボンネットなどに付けた流線形のスポーツカーが2列になって次々サーキットを走行した。