カリスマ・トレーダーの石田高聖容疑者を略式起訴という記事より。

個人投資家として30代で億万長者となり「1日で3000万円稼ぐカリスマ・トレーダー」として知られる売れっ子株式評論家で会社役員、石田高聖(こうせい)容疑者(39)が、投資顧問業の登録をせずに投資アドバイスをしていたことが3月31日、分かった。

「KOSEI式」というトレード方法で有名な石田高聖容疑者が、投資顧問業法違反で略式起訴されています。

6年前に知人女性に重傷を負わせた傷害の疑いで2008年3月21日に逮捕され、その捜査中に投資顧問業法違反が発覚したということです。

起訴状などによると、石田役員は平成18年1月から19年6月にかけてインターネット上に会員制ホームページ(HP)を開設。株売買の情報を載せるなど複数の会員に助言し投資顧問業を行った。

投資顧問業の登録をせずに投資アドバイスしていたということで、投資顧問業法違反と傷害の罪で略式起訴され、罰金刑となり即日納付されています。

運命は先読みできず…カリスマトレーダーの“別の顔”という記事もあり、そこではこんなエピソードが。

タレント並みの顔立ちに最高級ブランドで身を固め合コンに挑んだが、女性は一流企業の友人ばかりに向くという屈辱を味わう。

「茶髪でチャラチャラしたようだけど、いたってまじめな明るい青年」という関係者の声もありますが、実際の人物はサイトに写真がたくさんでています。