元Jリーガーの磯貝被告、速度違反で起訴という記事より。

40キロの速度違反をしたとして道交法違反罪で、サッカーの元日本代表で元Jリーガーの礒貝洋光被告(38)が大阪地検に起訴されていたことが18日、分かった。

ガンバ大阪、そして浦和レッズでもプレイした礒貝が、スピード違反で起訴されていたそうです。

制限速度60kmの道を100kmで走行していたということで、本人も「間違いありません」と起訴事実を認めています。

元Jリーガーが速度超過&器物破損によれば、

摘発の基準などに疑問を持ち、正式裁判を求めたとした上で「影響ある立場で、あまり良くない行動をした。今後はルールの中で生活していきたい」と述べた

ということです。罰金を払わずに裁判にしたということなのでしょうか。

1998年に引退、現在はプロゴルファーに転向したということですが、オフィシャルサイトを見てもツアーに参加しているといった情報は見当たりませんでした。

■関連記事

サッカー元日本代表・礒貝被告が速度違反で罰金10万円

検察側は被告人質問で、正式裁判が決まった後の今年11月にJR品川駅で器物損壊事件を起こしたと指摘した。

元Jリーガー礒貝、速度違反40キロ超で罰金

判決などによると、礒貝被告は今年1月28日未明、友人を送る途中、大阪府豊中市の制限速度60キロの道で、時速100キロで乗用車を運転した。