K-1天田がトラック運転手に暴行という記事より。

格闘技「K-1」選手の天田ヒロミ(34)が25日未明、都内で暴行事件を起こした。警視庁南千住署によると、自転車で走行中、幅寄せされたと思った天田がキレ、トラック運転手の男性(34)を右拳で殴打したという。

「元暴走族のケンカ屋」として知られるK-1の天田ヒロミが、トラックに幅寄せされたと思い、信号待ちしていた運転手を殴るという事件を起こしています。

パンチはフック気味の軌道で、拳の先端ではなく手首付近がヒットしたこともあり、惨事にはならなかった。

殴られた男性は幸いなことにケガしなかったということなのですが、たとえ手首とはいえK-1選手からパンチを貰って無傷はすごいです。

運転手がトラックから降りてもみ合いになっているところに、たまたま警察官が通りかかってことなきを得たとのこと。

天田ヒロミは「心から反省しています」と取り調べで語っているということです。

天田ヒロミ - Wikipediaによると、一度引退を決意していたこともあったのだとか。奥さんの名前もヒロミなので、夫婦揃ってヒロミだそうです。

■関連記事

K―1天田ヒロミ選手がトラッカー暴行

天田選手はアルバイト先から帰宅途中で「心から反省している」と話しているという。

天田、暴行容疑で書類送検へ…トラック運転手殴る

調べでは、天田は車道を自転車で走行中、トラックに幅寄せされたと思い込み、トラックが交差点で止まった際「危ないじゃないか」と注意。無視されたため、窓越しに男性の顔を殴った疑いが持たれている。