植草被告に懲役4月の実刑判決!という記事より。

元大学教授植草一秀被告(46)に東京地裁(神坂尚裁判長)は16日、「女性の人格を無視するのも甚だしい身勝手極まりない犯罪」として、懲役4月(求刑懲役6月)の実刑判決を言い渡した。

痴漢行為で逮捕されていた元大学教授の植草一秀被告に、懲役4ヶ月の実刑判決が下されました。

「嫌疑を掛けられた罪は絶対に犯していない」と無罪を主張していましたが、「性欲を満たすための執拗(しつよう)で悪質な犯行。女性としての尊厳を踏みにじった」と検察。

何より逮捕されるのはこれが初めてではないですからね。手にスカートの繊維が付着していたなんてこともありました。

社会的影響も考慮してのことなのでしょうか、実刑判決となっています。

■関連記事

植草元教授に懲役4月

論告によると、植草被告は昨年9月13日午後10時10分ごろ、京浜急行品川―京急蒲田間を走行中の車内で、制服姿の女子高生のスカート内に手を入れ下半身を触った。