くだもの泥棒がGPSで御用−東京の市場から121箱という記事より。

市場からグレープフルーツ計121箱(約35万円相当)を盗んだとして、警視庁東京水上署は13日までに、窃盗の疑いで埼玉県越谷市蒲生、運送会社社員、中村和雄容疑者(40)を逮捕した。

今年に入ってから青果物がパレットごと盗まれる被害が多発していて、対策としてグレープフルーツの箱にGPSが仕掛けられていたのだそうです。

まさか犯人も、盗んだグレープフルーツの箱にGPSがついていたなんて、想像もしなかったのでしょうね。

GPSで現在位置を把握して盗難を防止するというのは、クルマなどでももっと広まりそうですね。

SONY GPSユニット GPS-CS1K

SONY GPSユニット GPS-CS1K

■関連記事

グレープフルーツ泥棒GPSで追跡し逮捕

仲卸業者が果物の箱に全地球測位システム(GPS)を付けて警戒していたが、盗品が新宿区内の市場に運び込まれたのが分かったため110番。偽造された納品書などから、容疑者が浮上したという。