ビリヤードの元プロを窃盗容疑で逮捕という記事より。

2001年4月から昨年11月、大会などで行った岩手、静岡、福岡など25都府県で盗みを繰り返し、現金と一緒に盗んだキャッシュカードで金を引き出したといい、同署などは総額約6700万円の被害を確認した。

大会に参加しつつ、行く先々で窃盗を繰り返していたのですね‥‥総額は、なんと6,700万円だそうです。

窃盗を繰り返していた理由は「ビリヤードの賞金だけでは生活できず、バカラ賭博で負けて金がなくなった」と供述しているそうです。

ほとんどの“プロ”がそうだと思うのですが、きっと賞金だけでなく、レッスンしたりして稼いでいるんじゃないかと思うんですよね。どうなんでしょうか。

それより博打にハマってしまったというのが大きいのかもしれませんが。

石村治政という名前で検索すると、過去の試合の情報なども出てきますね。

■関連記事

ビリヤード元プロ 遠征先で連続窃盗

日本プロポケットビリヤード連盟によると、石村容疑者は01年1月にプロになったが、06年11月に退会。優勝経験はない。