布袋寅泰、芥川賞作家の町田康さん殴り2週間のけが負わすという記事より。

2人を知る関係者によると、連載を多数抱えるなど作家業に重点を置く町田さんは、あくまでバンド活動を趣味と位置づけ、商売にすることをよしとしなかった。だが、布袋はプロのミュージシャン。やるからには、きちんとした作品として世に出す本格的な活動を望んだ。

布袋寅泰、町田康を殴るというエントリーで、布袋寅泰、町田康を殴り、殴られた町田康が被害届を出していたことをお伝えしました。

もともと知り合いで仲の良かった二人がなぜ? と思っていたのですが、どうやら二人で組むバンドの方向性を巡って対立してしまったようです。

・布袋 やるからには本格的に活動したい
・町田 作家なのであくまでも趣味

真っ向から対立してしまったようですね。「難しそうだからバンドを組むのはやめようか」という選択肢はなかったのでしょうか。

その後、布袋が謝罪文を提出したものの、町田康にしてみると「自分を正当化する内容で、受け入れがたい」として被害届の提出と相成ったようです。

布袋寅泰が町田康を殴った!双方事情聴取によると、布袋側は「(布袋だけが)一方的に暴力を振るったと報じられたが、事実ではない」と反論しています。

町田康が被害届「布袋寅泰から暴力」によると、

周囲によれば、別荘滞在時で話し合いは決裂。一触即発のまま帰りの車に同乗し、ケンカになった。

ということで、既に話し合いは決裂していたものの、その後にクルマの中で火がついたようです。同乗していた人は「布袋さんが怒るのも無理はない」と取り調べで語ったということです。

暴力は肯定できませんが、そこに至るまでに何があったのか。それが事情聴取で明らかにされるのでしょうか。

パンク侍、斬られて候

パンク侍、斬られて候

■関連記事

布袋反論「一方的ではない」…町田康さん暴行

関係者によると、先月14日未明、2人は同県内にある布袋の別荘で過ごした後、布袋が運転する車で東京に戻る途中に布袋が町田さんを殴ったという。町田さんは顔や上半身に全治約2週間のけがを負い、君津署に被害届を提出した。

布袋寅泰、芥川賞作家をボコボコに…2週間のケガ

「2人が組んでやっていた音楽活動について、布袋はビジネスライクに考えていたのに対し、町田は趣味として捉えていた。その食い違いが原因で布袋が町田をボコボコに殴ったようだ」

布袋側は一方的な暴力否定…町田康さん被害届でコメント

「怪我を負わせるに至ってしまったことについては大変申し訳なく思っています。友情関係の上に生じた問題でもありますので、友達として解決を図るべく本人も含めて努力して参りましたが、理解を得られずとても残念に感じております」

町田康「布袋に殴られた」と被害届

二人は参加しているロックバンドの活動方針をめぐって意見の食い違いがあったといい、君津署は布袋さん、町田さん双方から事情を聴いた。