プリンセス天功、“イリュージョン”失敗で肋骨骨折の重傷という記事より。

プリンセス天功(年齢非公表)=写真=が22日に福井県鯖江市にある鯖江文化センターで行われたショー中に起こった機材トラブルで、あばら骨を折る重傷を負っていたことが23日、分かった。

プリンセス天功がイリュージョンに失敗し、骨折するという重傷を負っていたことが明らかになったそうです。

オフィシャルサイトやブログで「緊急のお知らせ」のお知らせとして報告されています。

緊急のお知らせ

昨日7月22日、福井県鯖江市にて公演されていました、プリンセス天功スーパーイリュージョン(2007サマーツアー)昼の部上演中に、イリュージョン機材のトラブルが発生し、プリンセス天功が負傷。この回は途中で公演を中止致しました。

どいういう失敗だったかも詳しく書かれています。

このトラブルは<決死のスパイク・イリュージョン>というエスケープイリュージョンの最中に発生し、刃渡り10センチ、長さ80センチの金属製刃物 計20本に左右から強い力で挟まれてしまいました。あと1センチで、右目に剣が突き刺さる状態でも有りました。

脱出するはずがうまくいかず、そのまま刃物で突かれるという状態になってしまったのですね。その結果「強度の全身打撲による頭部、胸部、腹部に強い痛みがある状態」だということです。

プロとはいえ、こういうトラブルに巻き込まれることもあるのですね‥‥。

引田天功の華麗な世界

引田天功の華麗な世界

世界のイリュージョニスト プリンセスTENKOの人生はミステリー

世界のイリュージョニスト プリンセスTENKOの人生はミステリー

■関連記事

引田天功さんケガ…イリュージョン中の事故で

パフォーマンスはそのまま続行されたが、舞台袖に戻った天功さんの状態を見たスタッフが、本人の状態をみて、スタッフが公演中止を判断し、病院へ搬送したという。

天功マジック中に機材トラブルで重傷

天功は事務所を通じ「公演が途中で中止になり、非常に申し訳ない。早く元気になって福井で代替公演をしたい」とコメント。

引田天功、公演中に骨折の重傷

所属事務所によると、事故が起きたのは22日の公演の演目。高さ約2メートルの金属製の箱に、両脇から模造の刃物20本が突き刺さった後、天功が姿を消し、刃物が抜かれると、再び箱から登場するものだった。