菊地氏は12カ月間の登録停止という記事より。

日本協会は5日の理事会で、淫行(いんこう)事件を起こして6月29日に磐田を解雇された菊地直哉氏(22=同22日に起訴猶予処分で釈放)の懲罰について協議し、裁定委員会が出した7月5日から12カ月間の登録停止の処分案を承認した。

淫行で逮捕、起訴されジュビロ磐田を解雇されていた菊地直哉に、1問間の登録停止という処分が下されることになったようです。

クラブでは「本人の今後の処遇については、早急に協議し決定次第お知らせいたします」としています。

菊地 1年間選手登録停止処分という記事によれば、選手登録を外れているため「本来なら罰する権限はないが」ということですが、社会的に重大なため、今回の措置となったということです。

磐田・菊地元選手に1年間の選手登録停止処分では、

・日本協会、Jリーグの主催試合に出場できない
・国内クラブへの加入禁止
・クラブの練習には参加可能
・国外のクラブには適用されない

と解説されています。

ジュビロの球団職員となり、復帰の道を探るということになるでしょうか。

■関連記事

ジュビロ磐田・菊地直哉、淫行で逮捕
ジュビロ磐田・菊地、磐田社長“解雇は当然”
菊地直哉、ウェブサイトに謝罪文が掲載
ジュビロ磐田、菊地直哉を解雇