スポンサードリンク

ぶどうが白いのは埃ではなく果実の水分を守るブルーム

スポンサードリンク

ぶどうが白いのは埃ではなく果実の水分を守るブルーム

まだ暑い日が続いていますが、ぶどうの美味しい季節になってきました。ぶどう好きなら既に知っていることかもしれませんが、周囲を覆う白い粉は、埃ではなく「ブルーム」というものだそうです。実はこれがぶどうの美味しさに関係しているのだそう。

スポンサードリンク

ということを、こんなツイートで知りました。

白い粉は「ブルーム」というもので、果実の水分を守る働きがあるのだそうです。ツイートによるとぶどうだけでなく、すもも、プルーン、きゅうりなどにも、このブルームはついており、購入する際にはブルームをついているものを購入した方が良いとのことです。

ブルーム (果実) - Wikipediaによると、ブルーム(bloom)は白い粉状の蝋物質で、果実から自然に分泌されるもので人体には無害です。「果実の水分蒸発を防ぎ、病気などから果実を保護する」という役割があるのだとか。

ブルーベリーもブルームがあるものを選ぶのが良さそうですね! ただし、きゅうりなどは「農薬のように見えて嫌われることから、ブルームが出ないもの」が作られているのだとか。

美味しいぶどうの見分け方のツイートも参考にどうぞ!

スポンサードリンク

前へ

iPhoneでオブジェクトを3Dコピペするアプリ「3D Scanner Pro」のデモが凄い

次へ

ネタリスト(2018/09/10 10:30)日本で「南インド料理屋」激増の意外な理由