スポンサードリンク

横一直線のあいつらの一覧‥‥ってこんなにあるのか!

スポンサードリンク

B000TGAM7Q

「−」「-」「―」

などなど‥‥同じのように見えて実は違う「横一直線のあいつら」。

そんな「横一直線のあいつら」をまとめているツイートがありました。

スポンサードリンク

※ちなみにこれが全てではないようです。

自分で使うのは長音と全角・半角マイナスくらいでしょうか。罫線は表組を作ったりする時に使ったような記憶もありますが、全角ハイフンと全角ダッシュとか、意識したことありませんでした。

「ダッシュ」とは?

「ダッシュ」が気になったので使い方を調べてみました。

ダッシュ (記号) - Wikipediaで調べたら「ある種の横棒状の約物の総称」だそうです。

肝心なのは用法ですね。

短いenダッシュ「–」

たとえば10-20と書かれていた場合、これがenダッシュ (10–20) なら「10から20まで」である。これに対してハイフン (10‐20) なら「10の20」、マイナス (10−20) なら「10引く20」である。

長いemダッシュ「—」

・文と文の間、字句と字句の間に用いられて、時間の経過を表す。
・括弧のように、ダッシュの対で囲んで、説明や副題などを表す。
・行頭に用いられて引用を表す。

なるほどと思ったのですが、覚えていられる自信がありません。読む分には、文脈の中で意味は分かりそうですが。

スポンサードリンク

前へ

新銀行東京 + 八千代銀行 + 東京都民銀行 → きらぼし銀行

次へ

パチューカ退団の本田圭佑、Jリーグで練習参加して調整か