「名代」読み方と意味が3種類

最近、知った事実で割と驚いていることがあります。

それが「名代」の読み方と意味です。

多くの人にとって「名代」といえば、立ち食い蕎麦で有名な「名代 富士そば」ではないでしょうか(関東圏だけですか?)。

ちなみに「名代 富士そば」の「名代」はなんと読むかご存知ですか?

これね「なだい」と読みます。だから「なだい ふじそば」です。

「みょうだいなー‥‥」って思っていた人はいませんか。実は読み方としては「みょうだい」もありです。ただし、意味は異なってきますが。

タイトルに読み方と意味が3種類あると書いてしまったので答えを先に書きますが、もう1つが「なしろ」なんです。

なんだよー「名代」って難しいじゃないかよー。

いえいえ、ちゃんと意味が分かっていれば使い分けるのも難しくないんですよ。

ってことで「名代(なだい、みょうだい、なしろ)」の3種類の読み方とそれぞれの意味をまとめておきますね。

名代(なだい)

名代(なだい)の意味 - goo国語辞書から引用します。

1. 名前を知られていること。評判の高いこと。
2. 名目として掲げる名前。名義。
3. 江戸時代、歌舞伎・操り芝居などの興行で、奉行所から許可を得た興行権の名義人。

ここで富士そばなのですけど、評判が良いという意味で1.で使っているのか、2.の名義として使っているのか‥‥はどちらもありそうですね。

名代(みょうだい)

名代(みょうだい)の意味 - goo国語辞書から引用しますと「ある人の代わりを務めること」ということで、代理人のこととなります。「父の名代として出席する」という使い方をします。

名代(なしろ)

名代 - Wikipediaから引用しますと「古墳時代の部民制における集団のひとつ」とのことです。これに関しては歴史では習うかも知れませんが、普段に使うことはなさそうです。

「名代(なだい、みょうだい、なしろ)」の使い分け

となると、一般的に目にし耳にするのは「名代(なだい)」または「名代(みょうだい)」ということになりそうです。

名前として掲げているものなのか、もしくは代理人なのかどうか、このあたりの意味合いを考えれば、自ずと読み方も分かりそうです。

きちんと意味を調べたことがなかったのでモヤモヤしているところもありましたが、これでスッキリです!