スポンサードリンク

【サーターアンダギー】首里の方言で「砂糖油揚げ」のことだった

スポンサードリンク

B00DAMRKN0

沖縄には何度も足を運んでおり、行けば沖縄のドーナツともいえる「サーターアンダギー」を食べています。素朴な味が美味しいですよ。特に石垣島の「さよこの店」はオススメ。さて、そんな「サーターアンダギー」の語源て、考えたことありませんでした。沖縄の方言で「サーターアンダギーという食べ物」だと思っていたのですが、なんとこれが実は「砂糖油揚げ」が首里の方言で訛ったものだというのです!

びっくり! ということで、『サーターアンダギーは謎の名詞ではなくただ訛っているだけ』という豆知識「r音がd音になるのはよくあることで…」としてまとめられていました。

「サーターアンダギー」というのは謎の名詞ではなくて、 「砂糖油揚げ」が訛っているだけです

スポンサードリンク

さとうあぶらあげ、さとうあぶらあげ、さとうあぶらあげ‥‥サーターアンダギー‥‥「ダ」がどこから出てきたのか謎ですが、これは次のように予測している人がいました。

いずれにせよ「サーターアンダギー」とは「砂糖油揚げ」のことだったのです。

サーターアンダーギー - Wikipediaでは次のように説明されています。

首里方言で、サーターは砂糖、アンダーギーはアンダ(油)+アギ(揚げ)+語尾を伸ばすことで「油で揚げたもの」という意味になる。

r音とd音の混同かどうかは分かりませんが、沖縄では油のことをアンダと呼ぶのですね。

沖縄というと「アンダンスー」という油味噌の料理がありますが、これもアンダから紐解くことができます。「アンダは油、ミスーは味噌の意味」なのです!

B01M8JXJL6

「サーターアンダギー」も「アンダンスー」も一般名詞ではなく、それぞれに意味があったのですね。ちなみに「ティーアンダ」は手の油。「料理を特に念を入れて作ること」だそうです。「アンダカシ」は油かす。「アンダグチ」は油を塗ったようななめらかな甘言、お世辞がうまいことだそうです。

これは勉強になりました!

スポンサードリンク

前へ

【Kindleセール】2,000冊が対象「春間近!50%OFFフェア」 〜ライフハック大全、コミケ童話全集、大人の語彙力大全など(3/8まで)

次へ

「DMMモバイル」新規契約手数料3,240円が無料になるキャンペーン実施中(5/9まで)