B00BULR3HQ

ぼくが初めて「タイムリープ」という言葉を目にしたのは、アニメ版「時をかける少女」が公開された後だったと思います。タイムリープ? タイムトラベルと何が違うんだろう? と当時も思ったのですが、よく調べずにそのままでした。

そして時は2017年夏。急にアニメを見始めたぼくは、立て続けに「タイムリープ」がテーマのアニメをいくつも見ることになります。どの作品が「タイムリープ」に関わるものかとここで書くとネタバレになってしまうので、このあたりからレビューをご覧ください。

それで「タイムリープ」なんです。どうも時間を超えていくことらしいのですが、そうなると「タイムトラベル」と何が違うのだろう、と、そんな疑問もあります。あえて「タイムトラベル」ではなく「タイムリープ」と言っているのには、何か理由があるのだろう、ということですね。

ということで、まずは「leap」の意味です。これは「跳躍」で「Time leap」となると、日本語だと「時間跳躍」と訳せるでしょうか。時間を飛び越える、と。

続いてWikipediaで調べてみました。

タイムリープ - Wikipedia

タイムリープ (英: Time Leap)は、日本語に直訳すると「時間跳躍」となる。和製英語で『時をかける少女』で登場した造語。

あ、やはりきっかけは「時をかける少女」だったんですね! ただアニメ版ではなく、小説の時からそのように呼ばれていたようですが。

タイムトラベル - Wikipedia

日本語で時間旅行(じかんりょこう)とも呼称する他、移動の様態によって「タイムスリップ」「タイムワープ」「タイムリープ[注 1]」「タイムトリップ」など多様な表現がなされる。

呼称の違いは移動の様態によるということです。

それで「タイムリープ」に関しては次のように説明されています。

「タイムリープ」は一般的に「自分自身の意識だけが時空を移動し、過去や未来の自分の身体にその意識が乗り移る」という意味で使われており、自分自身が意識・身体とも時空を移動することを意味する「タイムトラベル」と使い分けられていることが多い。

なるほど、確かにあの作品もあの作品も、タイムはトラベルではなくリープしていますね。さらにいえばあの作品では明確にリープとトラベルは使い分けられていました。「タイムリープ」の場合は「同一時空に同一人物が2人以上存在する矛盾も発生しない」というのもポイントのようです。なるほどー。

タイムトラベル、タイムリープの作品に関して興味深いツイートがあったので最後に紹介しておきますね!