2017 01 fuyubi

東京は3日連続で「冬日」になったなど「冬日」が続いたことがニュースになっています。夜にフットサルをしていたらペットボトルのドリンクが凍ったとか、ダウンジャケットが凍ったという寒いエピソードも聞いたのですが「冬日」とは、どんな日なのでしょうか?

「冬日」とは

関東に住んでいると「夏日」「真夏日」というキーワードは目にしますが「冬日」というのはあまり聞いた記憶がありませんでした。

気象庁の解説によると「冬日」は「最低気温が0℃未満の日」のことだそうです。最低気温が-1度の日は「冬日」ということになります。

「真冬日」とは

それでは「真冬日」とは、どんな日でしょうか。これまた気象庁の解説によると「最高気温が0℃以下の日」となります。最高気温が0℃以下ですから、関東だとお目にかかることはしなさそうです。

「夏日」「真夏日」とは

それでは「夏日」「真夏日」はどんな日でしょうか。「夏日」は最高気温が25℃以上の日のことです。「真夏日」は最高気温が30℃以上の日のことです。

夕方から翌日の朝まで最低気温が25℃を下回らないと「熱帯夜」です。

「猛暑日」もある

「猛暑日」というのも最近では目にするのですが、これは最高気温が35℃以上の日のことを指します。