スポンサードリンク

JR赤羽駅でAI活用の無人決済店舗を実証実験

スポンサードリンク

JR赤羽駅でAI活用の無人決済店舗を実証実験

JR東日本が、JR赤羽駅のホーム上で、AI活用の無人決済店舗の実証実験をすることを発表しました。サインポストが開発したAI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を使い、2018年10月17日より赤羽駅の5・6番線ホーム上の店舗で実証実験をするとしています。

スポンサードリンク

2017年11月に大宮駅で実施された実証実験を踏まえ、AI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」の商品認識率や決済認識率を向上させる他、新たに複数人を同時に追跡し、決済を可能にするということです。

JR赤羽駅でAI活用の無人決済店舗を実証実験

店舗入口で交通系電子マネーをかざして入店、商品を選び、交通系電子マネーで決済します。決済が完了するとゲートが開きます。

天井に設置されたカメラで客を認識し、商品棚にそれぞれ設置されたカメラ等のセンサーで客が手にとった商品を認識し、自動的に合計金額を算出し、壁掛けディスプレイに表示する仕組みです。

実証実験は2018年10月17日より2ヶ月程度、平日の10時〜20時に実施されます。

スポンサードリンク

前へ

【タイムセール祭り】人気ビール・チューハイが限定特価!水のような缶チューハイ「フォーナイン」1缶96円

次へ

ネタリスト(2018/10/03 14:30)中国のトップインフルエンサー9人の素顔──彼らはなぜ、頂点を極めることができたのか。