スポンサードリンク

Suicaで新幹線に乗車する「スマートEX」登録方法・予約と領収書

スポンサードリンク

2017 12 10 1419

Suicaなどの交通系ICカードとクレジットカードで東海道新幹線・山陽新幹線を予約しタッチで乗車することができる「スマートEX」がスタートしています。機会があればぜひ試してみたいと思っていたのですが、いよいよ東海道新幹線に乗るチャンスがやってきました!

「スマートEX」に会員登録し、実際に名古屋行きの東海道新幹線をウェブで予約することを試してみました。今回はその「スマートEX」の会員登録方法と、東海道新幹線の予約方法、そしてビジネスで使う人も少なくないはずなので領収書の確認方法をまとめてみます。参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

「スマートEX」とは? その利用方法

そもそも「スマートEX」とは何か? ということですが、Suicaなどの交通系ICカードとクレジットカードで新幹線を予約し、自動改札機にタッチして東海道新幹線と山陽新幹線に乗車できるサービスです。

事前に予約しておけばスムーズに新幹線に乗車することができます。窓口や券売機に並ぶ必要はありませんし、指定席の購入であればあらかじめ座席指定もしておくことができます。

流れとしては次のようになります。

1. 「スマートEX」の会員登録
2. 新幹線の予約

「スマートEX」の会員登録は入力項目もそれなりにあるので少し手間ですが、利用開始時のみだけですので許容範囲でしょう。手元にSuica(Apple PayのSuicaでOK)などの交通系ICカードとクレジットカードを用意しておきましょう。

なお「スマートEX」より前に「EX予約」というサービスが継続しています。こちらは年会費を支払うことでお得な会員価格でのチケット購入が可能というものでした。Apple PayのSuicaも使うことができます。東海道新幹線に多く乗る人ならメリットがあるでしょう。

たまの利用であれば「スマートEX」で良いかと思います。

「スマートEX」の会員登録

2017 12 10 1420

それでは「スマートEX」の会員登録の流れを解説します。

2017 12 10 1420 1

まず最初にメールアドレスを入力し、届いたメールのURLをクリックして会員登録を開始します。会員登録はコチラから。

2017 12 10 1421 1

規約に同意し情報を入力します。

2017 12 10 1422

名前、生年月日、電話番号に続き、クレジットカードの情報と使用するSuicaなどの交通系ICカードの情報が必要になります。

2017 12 10 1424

クレジットカードの情報入力の画面です。

2017 12 10 1425

Suicaなどの交通系ICカードの情報入力の画面です。

カードタイプのSuicaを使用しているのであれば、背面の右下に17桁の英数字がありますのでこれを使用します。

もしもApple PayのSuicaを利用しているのであれば、モバイルSuicaアプリから情報を確認することができます。

20171210142637

Suica一覧から「i」をタップすると、SuicaID番号が表示されますので、それを使用します。

2017 12 10 1428

全ての情報入力が完了したら「スマートEX」へのユーザー登録も完了です。今回はPCからユーザー登録しましたが、もちろんスマートフォンからも可能です。

「スマートEX」で東海道新幹線を予約

2017 12 10 1429

続いて「スマートEX」で東海道新幹線を予約するためにログインします。先ほどの会員ID、パスワードを使用します。予約はコチラから。

2017 12 10 1430

今回はPCから予約していますが、もちろんスマートフォンからでもOKです。帰りの切符はiPhoneから予約してみようと思っています。駅に到着する前に、サクッと新幹線チケットが予約できるのは本当に便利だと思います。

2017 12 10 1433

時間指定で東海道新幹線を予約することができます。

2017 12 10 1434

指定席であれば座席指定も可能です。

2017 12 10 1434 1

座席表から席を選択します。

2017 12 10 1436 1

あっという間に座席指定をしての、東海道新幹線のチケット予約の完了です。

これで当日はiPhoneをタッチすることで、東海道新幹線に乗車することができます。交通系ICカードでの乗車方法によると、新幹線を交通系ICカードで利用する場合は、予約内容を記載した「EXご利用票」が新幹線改札機から出力されるので、必ず受け取って乗車するように、とのことです。

「スマートEX」の領収書

ウェブで予約が完結する「スマートEX」の領収書は、やはりウェブで確認することができます。

20171210144759

メニューから「Web領収書」を表示することができますので、これを閲覧・印刷します。表示されるのは「スマートEX」分のみですのでご注意ください。

「スマートEX」を利用してみた

iPhoneで購入した「スマートEX」を実際に利用してみました。

20171211072029

浦和駅からiPhoneのモバイルSuicaで乗車し、東京駅で東海道新幹線に乗り換えします。もちろんここも自動改札機にiPhoneをタッチするだけでOKです。

20171211072048

新幹線の自動改札機にiPhoneをタッチすると「EXご利用票」が出てきますので、これを取り忘れないようにしましょう。そしてこのまま新幹線に乗車することができます。

新幹線のチケットの予約から乗車まで全てiPhoneで完結することができました。これは簡単すぎます!!!

帰りの新幹線も道すがらiPhoneで予約することができてとても簡単でした。ただ、名古屋→東京を購入すべきところを誤って東京→名古屋で購入してしまうというミス。時間が迫っていたためか、iPhoneから予約変更ができないという事態に。

改札で駅員さんに相談したところ、すぐに専用マシンにiPhoneをタッチしてキャンセルして貰うことができました。もし間違え購入して変更が効かなくなった場合は、速やかに駅で相談するのがオススメです。

20171211073514

ちなみに新幹線内でも「スマートEX」はプロモーションしていました。便利なのですけど「スマート新幹線」みたいにベタな名前の方が分かりやすかったのでは、なんてことも思ったり。

「スマートEX」登録・予約・領収書のまとめ

以上が「スマートEX」の登録・予約・領収書の閲覧方法となります。最初のユーザー登録だけしてしまえば、後は簡単に東海道新幹線を利用することができますので、年に何度か東海道新幹線・山陽新幹線に乗車するという人は登録しておくとかなり便利になるのではないでしょうか。

「スマートEX」の機能などに関する詳細は「スマートEX」Suicaとクレジットカードで新幹線予約&乗車が9/30より開始 〜Apple Pay Suicaも対応という記事もご覧ください。

関連記事

「ぷらっとこだま」を予約する方法 〜東海道新幹線に安く乗る

【Apple Pay】Suicaがエクスプレス予約連携サービス「EX予約専用ICカード」として利用可能に

スポンサードリンク

前へ

Googleロゴ「ロベルト コッホ」に(ドイツの医師、細菌学者)

次へ

【サイバーマンデーセール】Amazon製品のFire HD 10 タブレット・Fire TV Stick・Kindle Paperwhiteが値下げ中