2017 08 27 1800

Suicaなどの交通系ICカードとクレジットカードで新幹線を予約し乗車するサービス「スマートEX」ですが、2017年9月30日より開始することが発表されました。

現在は専用のクレジットカードと専用のICカードが必要な「エクスプレス予約」ですが、クレジットカードとSuicaなどの交通系ICカードがあればチケットを予約して乗車することができるのが「スマートEX」です。

iPhoneユーザーとして気になるのはSuicaとしてApple Payが対応するのかどうかという点ですが、そのあたりも含めて「スマートEX」について調べてみました!

「スマートEX」の仕組み

「スマートEX」の利用には、事前の登録が必要です。登録するのはクレジットカードとSuicaなどの交通系ICカードです。年会費は無料で利用可能です。

2017 08 28 1005

スマートフォンから東海道・山陽新幹線の指定席を予約することができます。決済は予約時に登録しているクレジットカードから行われます。

乗車する際は、登録している交通系ICカードでチケットレスで乗車可能です。在来線との乗り換えも1枚のカードで可能です。

対応するクレジットカード:
VISA、マスター、JCB、アメックス、ダイナース、J-WESTカード(ベーシック)

対応する交通系ICカード:
kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA

「スマートEX」と既存の「EX予約」との比較

既存の新幹線予約サービスである「EX予約」と、新サービスである「スマートEX」の比較は次のようになります。

2017 08 28 1009

大きな違いは「EX予約」は年会費1,080円が必要な代わりに会員価格で購入が可能なことです。頻繁に東海道・山陽新幹線を利用するなら「EX予約」がお得ですが、たまの利用であれば「スマートEX」で十分ではないかと思います(ただし後述しますが早特はお得!)。

主な区間の値段は以下のようになります。

2017 08 28 1012

所定運賃よりも「スマートEX」が少しだけ安いです。

「スマートEX」商品情報

「スマートEX」には基本商品の他に、早特や往復割引サービスなどがあります。

■基本商品

EXサービス:
乗車日当日まで予約でき、東海道・山陽新幹線の全区間で利用可能なスマートEXの基本商品。

EXサービス(往復割引):
乗車日当日まで予約でき、片道の営業キロが601キロ以上にある区間を便利に利用できる往復割引商品。

■早特商品

EX早特:
3日前までの予約で、長距離区間の「のぞみ」がおトク。土休日はさらにおトクになるので、遠方のご旅行におすすめ!

EX早特21:
21日前までの予約で、早朝・日中の「のぞみ」がおトク。旅行や結婚式など、前から予定が決まっているときにおすすめ!

EXグリーン早特:
3日前までの予約で、早朝の「のぞみ」と終日の「ひかり」のグリーン車がおトク。出張や旅行など、グリーン車で快適に過ごしたい方におすすめ!

EXこだまグリーン早特:
3日前までの予約で、「こだま」グリーン車をお手頃なおねだんでご利用できます。おトクに、グリーン車で快適に過ごしたい方におすすめ!

EXのぞみファミリー早特:
3日前までの予約で、土休日の「のぞみ」がおトク。2名以上で利用でき、こども用の設定もあるので、週末の家族旅行などにおすすめ!

EXこだまファミリー早特:
3日前までの予約で、「こだま」がおトク。2名以上で利用でき、こども用の設定もあるので、ご家族やご友人と一緒におトクに旅行したい方におすすめ!

例えば「EX早特」を利用すると、東京・品川→岡山が14,400円(▲2,940円)です。同区間が「EX早特21」なら13,000円(▲4,340円)にもなります。

2名以上やこどもを含む予約の場合、会員様以外の1名が利用する場合などは、事前に指定席券売機等できっぷを受け取って乗車します。

商品詳細はコチラからご確認ください。

「スマートEX」利用開始は2017年9月30日から

「スマートEX」の利用開始は、2017年9月30日5時30分からとなります。利用のための会員登録も、2017年9月30日からとなります。スマートフォンでの登録方法は、事前にコチラから予習しておくことができます。

「スマートEX」Apple PayのSuicaはどうなる!?

SuicaはiPhoneのApple Payで利用している人は「スマートEXを使えるのかしら?」と心配している人もいるかと思います。ぼくもです。そこで「スマートEX」でApple PayのSuicaが使えるようになるのか調べてみました!

ずばり、JR東海・JR西日本のスマートEXサービスはApple PayのSuicaでも利用できますか。 | Suica Apple Pay よくあるご質問がありました!

JR東海・JR西日本の「スマートEX」サービスにつきましては、Apple PayのSuicaを交通系ICカードとして登録し、ご利用いただくことも可能です。

安心してください、利用可能です。

スマートEXサービスに会員登録の際、交通系ICカード情報を入力いただきますが、Apple PayのSuicaの交通系ICカード情報(JEから始まる番号)は、Suicaアプリケーションにログインし、Suica一覧でカード券面をタップいただくと「Suica ID番号」として表示されます。

この「Suica ID番号」を利用し「スマートEX」への会員登録が可能ということです。

「スマートEX」で東海道・山陽新幹線が便利になりそう

出張で名古屋や大阪に行くことがあるので、iPhoneのSuicaで東海道・山陽新幹線に乗車できれば便利になりそうです。しかも、あらかじめスケジュールが決まっていれば、早特の恩恵もかなり大きそうですね!