B0002U3MTE

高崎線・宇都宮線が東海道線と直通になる「上野東京ライン」を楽しみにしている一人なのですが、先だって発表のあった田町〜品川間にできる予定の新駅と繋がりがあることを知りました。「上野東京ライン」に隠された数千億円規模の計画という記事になっていました。

「上野東京ライン」とは東京~上野間の3.6kmに線路を新設し、東京駅止まりの東海道本線と上野駅止まりの宇都宮(東北)、高崎、常磐線を接続。直通運転を行うものです。開業は2015年春が予定されています。

「上野東京ライン」が開通すると、上野駅止まりだった高崎線・宇都宮線・常磐線が東海道線と直通運転を行うことになり、浦和からだと東京駅にも電車一本で行けるようになります。これは超便利になります。

通勤をしている人は乗り換えが減るだけでなく「宇都宮(東北)、高崎、常磐線からの乗り換え客が多く利用していた東京~上野間の山手、京浜東北線で混雑が緩和される」というのもありがたい話ですよね。ぼくもサラリーマン時代には利用していた区間ですが、本当に大変な混雑でした。

さて「上野東京ライン」と田町〜品川間の新駅がどう関係しているのか?

これまでその品川の車両基地に停めておいた車両を、「上野東京ライン」を使って宇都宮(東北)線沿線にある東京都北区の尾久車両センター、さいたま市の東大宮操車場へ移動。これによって品川の車両基地が空くため、そのスペースを新駅と都市開発にあてることができるようになります。

おお、そういう繋がりになっていたのですね!!

「上野東京ライン」の建設費は400億円だそうですが、それによって新たに生まれる車両基地の価値は約2,500億円となるそうです。そう考えると「上野東京ライン」への投資は良いことずくめだったということになりますね。

湘南新宿ラインに続いて、上野東京ラインの開通で、浦和から都内へ出るのがさらに便利になります。ありがたい!