B00I0Q6NW0

大阪と札幌を結ぶ、国内最長路線の寝台特急「トワイライトエクスプレス」が、老朽化のために2015年春に引退することが明らかになりました。トワイライトエクスプレス、引退へ 老朽化で存続断念という記事になっています。

大阪と札幌を丸1日かけて結ぶ国内最長路線の寝台特急「トワイライトエクスプレス」が、来春限りで引退することになった。JR西日本が28日に発表する。

25年、四半世紀に渡って運航してきたものの、車両の老朽化が激しいことから、引退することになったということです。

高級ホテルのような食事やサービスから、普段は週4往復の臨時列車ですが「年末年始や大型連休期間は毎日運行されるほど人気」ということです。しかし、新しい車両を投入する、ということはないのですね。

「トワイライト」の運行は1989年7月に始まった。大阪駅を正午前に出発し、福井、金沢、富山など日本海沿いの駅に停車。札幌駅まで約22時間かけて走る。運行距離1495・7キロは国内で最も長い。

長い時間をかけて、長い距離の旅を楽しむというのは、贅沢なことになりましたよね。寝台列車は更なる高級路線にシフトしていくのかもしれませんね。JR九州の「ななつ星」もそうですし、JR西日本はザクのような寝台列車を開発中です。

豪華寝台列車 トワイライトエクスプレスfan 完全版: おとなののんびり列車の旅 プレミアム (Gakken Mook おとなののんびり列車の旅プレミアム)

学研パブリッシング 学研パブリッシング 2012-12-18
売り上げランキング : 22309
by ヨメレバ