2014 04 19 1417

タカラトミーとJR西日本がコラボレーションし、山陽新幹線「500系こだま」において車両改造を実施し、プラレールの巨大ジオラマを設置した「プラレールカー」を導入することを発表しています。電池にはパナソニックが協力するそうです。

500系新幹線1編成の1号車を改造し、1,800ミリメートル×1,800ミリメートルの迫力あるプラレールの大型ジオラマを設置します。

また、500系新幹線の運転台を子供向けにアレンジし、ハンドルを操作することで速度メーターなどが動いたり、1号車運転台からの映像をリアルタイムでモニタに投影し、新幹線を運転している臨場感を味わえるそうです。

これは人気が出そうですねぇ。

2014 04 19 1423

他にも、記念撮影スポット、記念キャラクタースタンプ台や、プラレールで遊んだり、無料貸し出しの絵本が読めるプレイゾーンも設置されます。

2号車には多目的室や、大型荷物置き場が設置されるということです。小さな子供連れの家族旅行に安心です。

2014年7月から2015年3月までの毎日に運転を予定し、それぞれ以下の列車の1号車に「プラレールカー」が設定されます。

こだま730号 博多駅(6時33分)発→新大阪駅(11時14分)行の1号車
こだま741号 新大阪駅(11時30分)発→博多駅(16時3分)行の1号車

1号車は自由席となりますので、特別なチケットは必要ありません。