2014 04 17 1123

JR北海道の社長が記者会見し、2016年春に開業予定の「北海道新幹線」が、東京-新函館(仮称)を最短で4時間10分で結ぶ計画であることが明らかにされたそうです。新函館-東京、最短4時間10分 北海道新幹線、車両は「はやぶさ」型という記事になっていました。

JR北海道の島田修社長は16日、札幌市の本社で記者会見し、2016年春に開業予定の北海道新幹線について、新函館(仮称)-東京間を最短4時間10分程度で結ぶことを目指すと明らかにした。

「北海道新幹線」は、2016年春に開業予定ということなので、あと2年ということになりますね。東京と新函館の間は、最短で4時間10分となるそうです。

車両のデザインも発表され、東北新幹線「はやぶさ」がベースになることも明らかにされました。

JR北海道によると、北海道新幹線は1編成が10両で、既に4編成分の40両を発注済み。

最高速度は320kmですが、北海道新幹線区間(新青森-新函館)は260km、青函トンネル内は140kmとなるそうです。将来的に時間短縮を目指すなら、北海道新幹線区間が高速化される、といったことになるのでしょうか。