スポンサードリンク

「食菜 かんてき家」入善で牡蠣と刺身を食べるなら【富山】

スポンサードリンク

「食菜 かんてき家」入善

富山を鉄道で巡りながら、地元の人たちが食べる美味いやつを探す旅。夕食は「あいの風とやま鉄道」で入善駅へ。なぜ入善か?

入善といえば牡蠣が有名ですが、実は街に点在する居酒屋カルチャーも見どころ。居酒屋が密集して商店街のようなものを形成しているのではなく、それこそ住宅街を歩いているとポツン、ポツンと灯りがともっているイメージ。

その数もなかなか多いと聞いて、実にオジさんの飲み歩き旅には最適な街だな、と思いました。だが、しかし。

スポンサードリンク

やっと見つけた「食菜 かんてき家」

なかなか見つからなかったんですよ、お目当ての「食菜 かんてき家」が。

「食菜 かんてき家」入善 01

途中で道を1本間違えてしまい、1時間くらいグルグルグル。最終的に駅前まで戻り、オススメの店を教えて貰い、向かった先が、なんと「食菜 かんてき家」だったというワケ。

「食菜 かんてき家」入善 02

いや〜、歩いたよね〜。

だけど、夜の入善の雰囲気を知るには最高の時間でした。

「食菜 かんてき家」入善 03

オジさん3人、カウンター席に案内して頂きました。

「食菜 かんてき家」入善 04

ぷは〜ッ、ビールが美味いィィィ!

「食菜 かんてき家」入善 05

厨房の様子。

ん?

「食菜 かんてき家」入善 06

んん??

ひれ酒用のひれなんですって。

「食菜 かんてき家」入善 07

何はなくとも牡蠣ってことで。

「食菜 かんてき家」入善 08

何はなくとも牡蠣ってことで!

「食菜 かんてき家」入善 09

ぶりんぶりんですから‥‥美味い‥‥。

入善で牡蠣というと、入善海洋深層水パークの牡蠣工場を思い出します。海洋深層水を利用し牡蠣を浄化し、より安全な牡蠣を‥‥という話はコチラの記事からどうぞ。

「食菜 かんてき家」のメニュー

「食菜 かんてき家」入善 11

キレイでオシャレな居酒屋で、牡蠣もめっちゃ美味しいけど「でも、お高いんでしょう?」と思ってメニューを開いたらさにあらず!

「食菜 かんてき家」入善 12

この鮮度にこの味だったら、むしろ安く感じるくらいです。

お造り、揚げ物、一品料理、焼き物、煮物に温物、酢の物。

「食菜 かんてき家」入善 13

いいねぇ、実にいいねぇ。

「食菜 かんてき家」食べたり呑んだり

「食菜 かんてき家」入善 14

この刺身盛り!

もう一度。

この刺身盛り!!

エッジの効いた感じからして、新鮮な刺身であることが伺えるってもんです。もはや芸術品の域。美しいねぇ。

「食菜 かんてき家」入善 15

そうきたら、もう日本酒だなぁ。富山の地酒をいただきます。

「食菜 かんてき家」入善 16

富山の水と米で作った酒で、富山湾の海の幸をいただく贅沢、至福、エトセトラ。

「食菜 かんてき家」入善 17

ブリブリブリブリ〜!!

口の中に幸せが広がっていく〜ベリウマ〜。

「食菜 かんてき家」入善 18

富山に行ったら食べたい、イカの塩辛。

鮮度! ボリューミー!

酒が足りない!

「食菜 かんてき家」入善 19

剣岳、いただきます。

「食菜 かんてき家」入善 20

こんな感じのカニを食べるの、テレビで見たことある。

今から、ぼくがふわふわのカニをいただきます。

口の中が深海の旨味や〜ベリウマ〜。

「食菜 かんてき家」入善 21

三度、富山の地酒でフィニッシュ。満寿泉。これもまた富山の美味い純米酒。

入善で牡蠣、入善で刺身盛り、入善で「かんてき家」。お勧めいたします。

ごちそうさま!!!!!

「食菜 かんてき家(入善)」の住所・予約

>>食菜 かんてき家(入善・朝日/魚介・海鮮料理) - Retty

住所:富山県下新川郡入善町入膳7155

旅について

富山デリシャス」の企画として招待して頂き旅しています。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【ローソン100】ホテイの焼鳥を一味マヨと合わせてパンに詰めて缶詰型にした「やきとり一味マヨパン」

次へ

【メルペイ】設定するだけで10万円が毎日100名に当たるキャンペーン(3/28まで)