Toyama hanbunko 5599

蔵が並ぶような、そんな雰囲気の街並みの中に「HANBUNKO(はんぶんこ)」はありました。富山県高岡市は藤子不二雄の出生地として知られていますが、銅器や漆器など、ものづくりの街でもあるそうで、最近は「高岡クラフト」と称されています。「HANBUNKO(はんぶんこ)」には地元の高岡クラフトのギャラリーがあり、さらに3Dプリンターやレーザー加工機の使えるFABスペースもあり、高岡クラフトの情報発信基地としての役割も持っています。

「HANBUNKO(はんぶんこ)」は蔵の中、とにかく雰囲気がいい

元金物屋とおっしゃっていたと記憶していますが、蔵の中に「HANBUNKO」はあります。歴史を感じるつくり。

Toyama hanbunko 5601

話してみると、意外にひょうきんだったご主人。後から錫を使った“ぐい呑”作り体験もしたのですが、非常に面白かったです。

Toyama hanbunko 5602

これが「HANBUNKO」のコンセプト。USEはギャラリー/ショップ、LEARNは1冊持ち込むと1冊借りられるという独特のシステムの図書室、MAKEはその名の通り、3Dプリンターやレーザー加工機が使えるFABスペースです。

Toyama hanbunko 5603

店先を通り抜けると、さらに奥に蔵があり、そちらがギャラリー/ショップとなっています。こちらが素敵!

Toyama hanbunko 5604

Toyama hanbunko 5605

Toyama hanbunko 5606

Toyama hanbunko 5607

Toyama hanbunko 5608

Toyama hanbunko 5609

Toyama hanbunko 5610

Toyama hanbunko 5611

Toyama hanbunko 5612

Toyama hanbunko 5613

ビビビと来た方は、ぜひ富山へ、そしてクラフトの街、伝統工芸の街、高岡へ。

Toyama hanbunko 5615

隣の建物に、FABスペースもあります。

ウェブサイトの雰囲気も素敵です。オリジナル商品の購入も可能です。「焚き火ろうそく」いいなー。

富山プレスツアーについて

富山県とその14市町(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、上市町、立山町、入善町、朝日町)が主催するプレスツアーに参加しています。