マンテンホテルに宿を取り、夕食で向かった先は富山駅前にある居酒屋「魚料理 金剛」です。何度か富山には遊びに来てますが、富山駅前、しかも本当に目の前に渋い居酒屋があったとは。富山湾の海の幸を食べるなら、駅近の「金剛」は便利ですね!

「魚料理 金剛」で新鮮な刺身を食す!

「魚を食べろー!」と言わんばかりの外観と、そして力強い店名です。ここでなら、美味い刺身が食べられる、飲兵衛アンテナがビンビン電波を受信します。

のどぐろ、甘エビ、白海老、生タコ、赤イカ、バイ貝‥‥ああ、天然の生簀って素敵。あ、天然のイケスというのは、もちろん富山湾のことです。

テーブル席はセットアップ完了。今か今かと料理の到着を待っています。と、その前にメニューもチェックしておきましょう。

定番の刺身の単品が、白海老、甘エビ、生タコ、バイ貝、シメサバといったあたりが、富山だなぁと感じさせてくれますね。東京だったらマグロやサーモンだと思います。

氷見うどんと白海老かき揚げうどんが気になる! 食べてみれば良かったー。

本日のオススメメニューは、やはり刺身に心奪われます。かんぱち、さんま、あじ、のどぐろ。ああ、ふくらぎがあると富山ですねぇ。

まずは生ビールで乾杯!

刺身盛りから!

シメサバ、かんぱち、ふくらぎ、白海老、甘エビ、やはり富山は海の幸。美味しいですねぇ。

イカのねっとりとした美味さ、感じます!

富山は回転寿司も良いんですけど、やはり酒を飲みながら刺身をつまむというのも最高です。

ホタルイカの沖漬け。日本酒モード。

バイ貝。先月はバイ貝のバイ飯を食べましたが、今月は活きバイ貝。新鮮な刺身もコリコリと美味い。

白海老の唐揚げ。香ばしさの中に旨味あり、ビールが進みます。

アンコウの唐揚げ。ここらで日本酒投入。

富山の地酒を頂きます。曙初嵐。聞いたことのない銘柄から。クイっと飲みやすい。三笑楽、立山と進んでいきました。

ホタテバター。

タコの唐揚げ。大好き!

そして、〆に登場したのがウニの西京漬です。これはヤバいでしょ。

ウーウー! 日本酒警察、出動願います!

濃厚な味をちびりちびりと楽しみながら、クイクイと進む地酒。富山、最高です。ウニの西京漬は初めて食べたのですが、これほどまでに日本酒が進むアテもなかなかありませんよ?

サラリーマンが宴会していたり、恐らく駅近という便利な立地に、観光客だけでなく地元の人たちも愛用している老舗居酒屋なのでしょう。駅近で富山の魚料理が食べたいな、そんな時には「魚料理 金剛」がオススメです。

ごちそうさま!!!!

魚料理 金剛(富山)

関連ランキング:居酒屋 | 富山駅新富町駅電鉄富山駅・エスタ前駅