富山湾は天然の生簀と呼ばれるほどの漁場ですが、漁師が漁の後に食べる賄い飯のひとつが「魚津バイ飯」です。その名の通り、バイ貝の入った炊き込み御飯です。たっぷり入ったバイ貝の旨味で箸が止まらなくなります。

魚料理の祭典「Fish-1グランプリ」で準グランプリにも輝いたという「魚津バイ飯」を、魚津駅前にある老舗の「海風亭」で頂きました!

バイ貝たっぷり「バイ飯」を食べる!

魚津駅前にある「海風亭」は、創業100年、歴史ある老舗の日本料理店です。マンガ「美味しんぼ」のゲンゲの回にも登場しているお店です。

「バイ飯」が美味しいのはもちろんだったのですが、若旦那がイケメン、若女将が美人で、贅沢な美男美女カップルにも驚愕しました(若旦那はウッチーに似てます)。

店頭に、ランチメニューの看板がありました。富山湾ですから、海鮮丼もいいですねぇ。でも、今日は「魚津バイ飯」なのです。

「魚津バイ飯」900円。

これか! これがこれから食べる「魚津バイ飯」ですか!

釜飯、肝味噌、漬物、味噌汁で900円です。素材、土地の名物と思うと、良心的な価格設定です。魚津産コシヒカリ、魚津産もち米、魚津産野菜、魚津産バイ貝と、全てが魚津産というこだわりの一品です。

歴史を刻むカウンター席。きっと、夜は常連さんで埋まるのでしょう。

今回は座敷席。座敷席も広く取られています。

そして、待ってました。

ジャーン!

これが「バイ飯」です!

いかがですか、このバイ貝っぷり。予想を遥かに超えたバイ貝の量です。バイ貝がたっぷりでびっくり。ご飯の中にも入ってますが、この見た目のインパクトが強烈です。

まぜるまぜる。季節の野菜も入ってます。香りも食欲をそそります!

食べ進んできたら、漬物も頂きつつすると、さらに食が進んじゃいます。ピリ辛の昆布が良し。

実は隣の肝味噌もポイント。バイ貝の肝と味噌を和えたものですが、これをほんのちょびっと「バイ飯」にのせて食べると‥‥美味さ界王拳!!!

バイ飯、味噌汁、肝味噌、漬物、ランチメニューのパーフェクトカルテット、バイ飯が奏でる四重奏。

渋くていい色合い。ツヤツヤした照りもいいですね。

いただきまーす。

う、美味い。バイ貝のかみごたえ、バイ貝の出汁がしみ、野菜をまとったコシヒカリも美味い。バイ貝って、こんなに美味かったんだ!

聞くところによると、バイ貝は関東におけるサザエのようなポジションなのだとか。高級食材がこんなにふんだんに使われてんですから、そりゃあ美味いわけですね。

「バイ飯」をお代わりしたら、今度はバイ貝の肝味噌で。少し甘めでうまーい。肝味噌これだけ持ち帰りたいくらい。これは日本酒にも合います。

気づいたら、なんと3杯目。「牡蠣ノ星」で蒸し牡蠣を食べまくった後なのに、食べられる、食べられる、進む、進む、ヤバい、バイ貝!

ちなみに、バイ飯で使われるバイ貝は、出荷できないような小さなものを持ち帰り、それを炊き込み御飯にしたのが始まりだそうです。だから、漁師だけが食べていた、本当の漁師飯というわけ。富山湾でカゴ網漁で、バイ貝は取られています。

ちなみに、これがバイ貝の標準サイズ。でかっ!

バイ貝をじっくり食べたのは初めてでしたし、釜飯という食べ方も非常に美味しく頂くことができました。何より、肝味噌。いい。肝味噌がいい。「バイ飯」だけでなく、色々なものが進みそうです。

ごちそうさま!!!!!

海風亭(魚津)

関連ランキング:懐石・会席料理 | 魚津駅新魚津駅