Trocco kurobe 4316

黒部峡谷をぐいぐい登っていくトロッコ列車に乗車した際、途中にいくつもダムがありました。そこで気になったのがダムを訪れると貰える「ダムカード」の存在です。インフォメーションセンターで伺ったところ、それぞれのダムに行けばいわゆる世間一般でいう「ダムカード」が貰えるそうですが、それとは別に、黒部峡谷トロッコ列車オリジナルの「関電黒部カード」なるものもあることも教えて頂きました。

宇奈月駅にあった説明によると、三箇所の展示コーナーを訪れ、スタンプを集める必要があります。

Trocco kurobe 4315

三箇所は次の通りです。

1. 黒部川電気記念館
2. 2F展示コーナー(宇奈月駅)
3. 黒部川電源開発の歴史探訪コーナー(欅平駅)

1.と2.のスタンプを集めると発電所5種類の中から1枚、1.2.3.のスタンプを集めるとダム・発電所の8種類の中から2枚が貰えるという仕組みです。

1.と2.は麓だからいいとして、3.は終点ですので往復するだけでも時間がかかります。後から「関電黒部カード」の存在を知っても後の祭りですので、ご注意ください。

貰えるカードは以下の8種類です。

・宇奈月発電所
・新柳河原発電所
・黒部川第二発電所
・黒部川第三発電所
・黒部川第四発電所

・出し平ダム
・小屋平ダム
・仙人谷ダム

※時間がなく慌ただしく撮影したため冒頭のカードのダムがダブってしまってました。

黒部峡谷トロッコ列車に乗車して初めて知ったのですが、水力発電はダムの中で行われるものではないのですね。ダムはあくまでも水を貯め、供給する設備で、その水を下流にある発電所に送り、発電は行われています。

富山プレスツアーについて

富山県とその14市町(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、上市町、立山町、入善町、朝日町)が主催するプレスツアーに参加しています。