宇奈月温泉で宿泊したホテルは、宇奈月温泉駅のほぼ目の前にある「フィール宇奈月」です。「あそこは朝食が美味い」とトロッコ列車の方がおっしゃっていたので、朝を楽しみに待ちました。

歴史ある温泉宿「フィール宇奈月」

部屋は清潔感漂い、畳が心地よい純和風の和室。歴史ある温泉宿だということを感じさせてくれます。トイレはありますが、バスはありませんので、入浴は大浴場を使用します。大浴場は深夜に男風呂と女風呂が切り替わるそう。

廊下には寛げるソファ。洗面台が廊下にあるのが、ホテルの歴史を物語ります。こういうの、懐かしいですよね。

窓からの景色です。宇奈月温泉が一望できるな、と思っていたら、眼下にレッドアロー号が停車してるのを発見。まさか、富山で働いているとは思いませんでした。

夜は近所に食事がてら呑みに出て、戻ってから大浴場で温泉に浸かり1日の疲れを癒しました。布団に入った瞬間に、爆睡。

噂に違わず朝食が良かった!

楽しみにしていた朝食です。朝食券を持って、朝食会場まで。ブュッフェ形式ですが、平日とあって空いていたので、ゆっくりと選べます。

以前に宿泊した富山のホテルもそうだったのですが、小鉢の種類が多いというのが特徴なのでしょうか。イカ刺しとかイカウニ和えとか、日本酒が飲みたくなるようなメニューが並びます。

自分で皿に取り分けるのでなく、この小鉢にあれこれ入っているのを取るだけというのは、本当に楽チンです。見た目も美しいから、食欲もさらに湧きます。

和食中心なのも嬉しいですね、個人的には!

富山産のコシヒカリ。富山県は水が美味いので、言うまでもなく米も美味いです。ついでに言うと、日本酒も美味いです。

和食だけでなくパンのコーナーもありますので、洋食派の方もご安心を。

水が美味いから麦茶も美味しいという。水が美味しいというのはシンプルな話ですが、本当に偉大だと思いました。食全般が豊かになります。

ぼくの朝食です。小鉢たくさん。イカもサバもウニもホタルイカもどれもこれも白いご飯にピッタリ。放っておいたら小鉢もご飯もリピートして食べまくりそうになるのをなんとか自重しました。富山の朝食、最高です。

宇奈月温泉にのんびり一泊。トロッコ列車で散策。オススメです!