国指定史跡「不動堂遺跡」にて伺ったお話の中で、富山県朝日町に「ヒスイ海岸」と呼ばれる海岸があることを知りました。その名の通り、ヒスイの取れる海岸です。驚いたのは、拾ったヒスイはお持ち帰りOKということ!

海岸沿いの高台で遺跡が発見され、そこからヒスイも大量に出土しているのだそうです。縄文人も拾ったヒスイを、現代の我々も拾うことができるという訳です。

「ヒスイ海岸」に打ち上げられるヒスイは、糸魚川のヒスイ峡から流れ出たものと言われているそうで、海に流れ出たものが波で打ち上げられています。波が高い日の翌日が狙い目。

ヒスイ峡からヒスイを持ち出すのはもちろんNGなのですが、海に流れ出たものを拾うのはOKということです。一攫千金を狙いたい人は、富山県朝日町の「ヒスイ海岸」を訪れてみては!?

海岸にはヒスイ鑑定士なる人物もいるそうです。有料でヒスイ鑑定してくれます。

町役場の方が、自分で拾ったヒスイだそうです。けっこう小さいものなのですね。お金に目が眩んで、大きめのものばかり想像してしまってました。自分でヒスイを拾ったら、一生の思い出になるの間違いなしです。

富山プレスツアーについて

富山県とその14市町(富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、上市町、立山町、入善町、朝日町)が主催するプレスツアーに参加しています。