Kaza no kitamaeya 1553

富山の文化に昆布締めがあるんですって。だから、富山の人たちは昆布が大好き。昆布締めというと刺身だと思っていたのですが、野菜の昆布締めもありました。海の幸、山の幸の昆布締めを堪能できるのが「風の北前や」です。

「風の北前や(富山)」で昆布締めを味わう

Kaza no kitamaeya 1552

富山は路面電車の街でもあります。2012年に訪れた「真酒亭」がとても美味しかったので再訪しようと考えていたのですが、店の前まで行ったら休業のお知らせ。ゴールデンウイーク明けで、少し長めのお休みされていました。そこで歩きながら目星をつけたのが「風の北前や(富山)」です。

Kaza no kitamaeya 1569

富山の名物が昆布締めだと知らずに入店したのですが、正解でした。先客は地元の方たち。地元の人も愛される店なのでしょうね、きっと。

Kaza no kitamaeya 1555

かわいい箸置き。

Kaza no kitamaeya 1556

スターバックス富山環水公園店」へ行くなど歩き回っていたので、まずはビールで乾杯。喉を潤し、美味いものがやってくるのを待ち構えます。

Kaza no kitamaeya 1557

お通し。昆布だ!

これまであまり昆布が好きな人生ではなかったのですが、やはり調理の仕方というか鮮度とか、旨い昆布は旨いもんなんですねぇ。

Kaza no kitamaeya 1558

一般的な居酒屋メニューではありますが、やはり「昆布締め」の文字が目を引きます。中には「野菜昆布締め」もあったりして。え、野菜!? てなもんですよ。

Kaza no kitamaeya 1559

「富山名産」という分かりやすいメニューのコーナーもありますので、観光客が迷ったらここですね。やはりホタルイカ、そして白えびです。

Kaza no kitamaeya 1560

もちろん、一般的な居酒屋メニューも。

Kaza no kitamaeya 1562

これは富山名物の盛り合わせです。ホタルイカの沖漬け、ホタルイカの黒作り、ホタルイカの素干し、そして野菜の昆布締め。ホタルイカというのは、本当に酒のアテには最高です。やはり富山で食べるのは、鮮度も違うのだろうなぁ。昆布締めの野菜を食べるのは不思議な気分でした。

そして、昆布締めした刺身の盛り合わせです!

Kaza no kitamaeya 1563

すげー。白身の魚というイメージがありましたが、海老とかタコ、貝まで昆布締めにするんですねぇ。

Kaza no kitamaeya 1564

いい文化だわ、昆布締め文化は!

これは是非とも北陸新幹線に乗って、関東地方まで伝播して欲しいカルチャーですね。

「なぜ富山で昆布締め?」と思いますよね? コブジメの作り方で解説されていました。

富山では昔から所謂『北前船』にて北海道から昆布を取り寄せて沢山使っており、その使用法の一つが昆布〆めです。

昆布締めすると日持ちするそうなので、天然の生簀と言われる富山湾で獲れる魚介類を長く楽しむために、昆布締めが重宝されるようになったのかもしれませんね。

Kaza no kitamaeya 1565

ここまできたら、後は日本酒です。事前に「美味しいよ」と教えて貰っていた「勝駒」を飲んでみました。

Kaza no kitamaeya 1567

正解。富山の飲食店は、どこに行っても富山の地酒を置いています。蔵の数が多いので、富山以外の地酒を置かなくても大丈夫なくらいなんですね。

Kaza no kitamaeya 1568

昆布締めと日本酒。最高のマリアージュでした。

旅行に行って触れる地元の食文化は最高です。ごちそうさま!!!!!

ちなみに、回転寿し回転寿しスターバックスときての4軒目です。

高速バスで富山を旅しました。

風の北前や(富山)

関連ランキング:居酒屋 | 新富町駅富山駅前駅富山駅