スポンサードリンク

「富士急ハイランド」2018年7月中旬より入園料の無料化を発表

スポンサードリンク

富士急ハイランド 入園料無料化

富士の裾野にある遊園地「富士急ハイランド」が、2018年7月中旬より入園料を無料化すること発表しました!!!

入園無料化の実施についてとして発表されています。

この夏、従来の遊園地の枠組みを超えた新しい形のアミューズメントパークへと進化させるべく、平成30年7月中旬より入園料を無料化いたします。

スポンサードリンク

遊園地の枠組みを超えた新しい形のアミューズメントパークへの進化が無料化の理由とのこと。

「富士急ハイランド」と富士五湖周辺の様々なコンテンツとを自由に組み合わせて、もっとたくさんの人にエリアを回遊してもらうことも目的としています。将来的には“富士山観光のハブ”を目指しているということです。

“FUJIYAMAだけ乗ろう”“ランチしに行こう”“お土産を見たい”といった短時間だけの滞在も可能になり、楽しみ方の幅が大きく広がります。

確かに入園料がなくなれば“チョイ立ち寄り”が可能になります。

遊園地のフリーミアムモデルですね。入園料がなくなることで来場者数が大きく増加しする可能性があります。閑散期が閑散期でなくなる可能性もありますね。

入園無料化後のフリーパスは引き続き、現在と同価格にて販売するとしています。ただし、個々のアトラクションの利用料金は値上げ予定とのことです。

現在の入園料は大人1,500円、中高生1,500円、小人900円です。

フリーパスは当日券だと大人(18才以上)5,700円、中高生(12〜17才)5,200円、小人(3才〜小学生)4,300円です。

入園料込みの価格ですが、こちらは特に値下げされることはないので、ガッツリ遊びたい人は引き続きフリーパス利用で料金は変わらずとなります。

「富士急ハイランド」としては“チョイ立ち寄り”が増えることに期待しているということですね。

スポンサードリンク

前へ

「Mr.Children」全シングル&アルバムをダウンロード&サブスクリプション配信決定

次へ

【Kindleセール】30%OFF「名探偵コナン 学習漫画シリーズ28作」(5/10まで)