Hako vision 5522

東京駅や東京国立博物館の壁面にプロジェクターで映像を投映する、プロジェクションマッピングの話を聞いたことがあるでしょうか。建造物の壁に動画!?

自分の目で目撃すると大変な興奮と感動がある訳ですが、もうすぐ500円で感動を手に入れることができるようになります。バンダイの玩具菓子「ハコビジョン(HAKO VISION)」で!

今回は、東京駅や東京国立博物館のプロジェクションマッピングを担当していたチーム「NAKED」からお声掛け頂き「ハコビジョン(HAKO VISION)」をいち早く体験させて頂きました。

Hako vision 5526

いやー、ははは、まさかこんなに小さいのに「スゲェェェ!!!」って興奮することになるとは思いませんでしたよ。

Hako vision 5525

熱いお話を聞かせて下さったのは、バンダイの開発担当者である三原飛雄馬さんです。名刺交換して目が釘付けですよね。飛雄馬!? ご両親からは「ヒューマン」が由来だと聞いているそうですが、ホンマかいな。重いコンダラーの方じゃないんですか?

されはさておき「ハコビジョン(HAKO VISION)」です。

Hako vision 5529

ハコビジョン(HAKO VISION)は、このようなパーツで構成されています。左から、プラスチックのプレート、ガム、フィギュア、奥に本体となる箱です。

お菓子として流通させるために、申し訳程度にガムがついているのは、玩具菓子では定番です。

Hako vision 5530

最初に2バージョンが発売される予定ですが、箱とフィギュアが違います。東京駅バージョンと東京国立博物館バージョンですね。

Hako vision 5531

目の前で組み立てて下さる、飛雄馬さん。こんなの軽いモンダラー、てな感じでしょうか。

Hako vision 5533

箱を開け、フィギュア(背景)をセットします。

Hako vision 5534

実にシンプル。ここに、透明なプラスチックのプレートを装着します。

Hako vision 5535

これで完成です。えええ、これだけー!? はい、これだけです。

Hako vision 5536

さあ、ここにスマートフォンをセットしますよ、と飛雄馬さん。

Hako vision 5537

何かのアプリを使うのかと思ったのですが、さにあらず。YouTubeの動画を再生するんですって!

Hako vision 5539

箱にはQRコードまたはURLがありますので、そこから動画を表示します。サイトにアクセスすると、液晶サイズに合ったYouTubeの動画に振り分けてアクセスする仕組みだそうです。凄いのか力技なのか!?

でも、アプリのインストールは手間ですから、サイトにアクセスするだけ、というのはシンプルで良いですね。

Hako vision 5540

動画を再生すると、最初にこんなフレーム状のものが表示されます。

Hako vision 5541

「ハコビジョン(HAKO VISION)」に動画を表示したスマートフォンをのせ、フレームとフィギュアを合わせる!!

これは考えられたナイスアイデア!!

Hako vision 5542

セットアップが完了したら、再生がスタートした動画を「ハコビジョン(HAKO VISION)」の中で見るのですが‥‥

Hako vision 5543

これが、スゲェェェ!!!

Hako vision 5544

プ、プロジェクションマッピングしてるよ!!!

Hako vision 5545

小さな箱の世界から、目が離せません!!!

Hako vision 5546

これはすごい。プロジェクションマッピングって、大きな壁面でやるから感動があるのだと思っていたのですが、さにあらず。この、小さいな世界でも、また違った感動があるのですよ。

Hako vision 5549

飛雄馬さんは東京駅のプロジェクションマッピングを見て、これを玩具菓子にできないものか、と超飛躍したアイデアを思い付いたそうですが、でも飛雄馬さんが開発してくれたからこそ、日本中の子供たちが、プロジェクションマッピングに触れることができる訳ですよね。

これを見たら、きっと実物も見てみたいと思うだろうなぁ。子供だけじゃない、きっと大人だってそう思いますよ!

Hako vision 5550

こちらは東京国立博物館バージョンです。この小さな世界、凝縮された箱の世界、お菓子の箱だったことを忘れさせてしまいます。

Hako vision 5553

映像も素晴らしいのですが、また音楽も良いのですよ。音、大きめでお願いします。

Hako vision 5556

小さな「ハコビジョン(HAKO VISION)」向けに映像は最適化されるなどしているそうですが、実際に巨大なプロジェクションマッピングとして使われていたものが、そのまま再生されているのにも感動を覚えました。そこまでやりますか、と。

個人的には、PerfumeやWORLD ORDERのようなダンス系のライブを「ハコビジョン(HAKO VISION)」で見てみたいという希望をお伝えしてきました。けっこう、音楽系は可能性が広がるんじゃないかと思います。小さいんですけど、徐々に顔が近づいてしまって、自分でも引き込まれるのがよく分かりましたから!

Hako vision 5560

「ハコビジョン(HAKO VISION)」は第1弾として、

・東京ミチテラス2012/TOKYO HIKARI VISION
・東京国立博物館/KARAKURI

が、2014年1月27日より発売予定となっています。

Hako vision 5564

え〜、ちょっと先だよね〜、と思った方にも朗報が。先行体験会が新宿と大阪で予定されております。

【東京】12/22 11:00-19:00 新宿ステーションスクエア
【大阪】12/23 11:00-19:00 グランフロント大阪 北館 ナレッジプラザ2F-1

今週末です。興味のある人は、ぜひ足を運んでみてください。こうして記事を読むのと、自分の目で体験するのとでは大違いですから!

それは、ぼく自身もしみじみと感じたことです。「ハコビジョン(HAKO VISION)」というものがあるのは知ってはいたのですが、実物を見るのは違います。本当に「スゲェェェ!!!」となりますから。

ちなみに、聞いて驚く。第2弾は「機動戦士ガンダム」だって!

2014年春を待て!!!

ハコビジョン 2個入 BOX (食玩・ガム)
by カエレバ
ハコビジョン 6個入 BOX (食玩・ガム)
by カエレバ

子供向けの玩具菓子って、どうしてもキャラクターものが多いじゃないですか。それも悪くはないんですけど、方向性の全く違う「ハコビジョン(HAKO VISION)」には、ベタですけど、大人でも夢と希望を感じちゃいました。家族で見て欲しいですね。1個500円です。コストパフォーマンスがいいなんてもんじゃないですよ!

追記:


すいません、飛雄馬に夢中で村松さんの写真を撮るのを忘れていましたよ‥‥ということで、イケメン映画監督で今回の「ハコビジョン」にもなったプロジェクションマッピングをディレクションしている村松亮太郎氏のFacebookはコチラだ!!!