<ウォーキービッツ>米「タイム」の「優れた発明品」にという記事より。

タカラが今年発売した小さなカメのロボット「ウォーキービッツ」(1344円)が、米国の雑誌「タイム」が選ぶ05年の「最も優れた発明品」の一つに選ばれた。

かつては犬語翻訳機「バウリンガル」も受賞したこの賞、タカラは2回目の受賞だそうです。

それにしても、この「ウォーキービッツ」というおもちゃのことは初めて知りました。

ロボットは、体長約5センチ、重さ15グラム。甲羅を押すと電子音を鳴らしながらトコトコと歩き出す。

亀が歩くだけのおもちゃのようですが、初回出荷の3万個はすぐに売り切れ、7万個が追加出荷されたそうです。

ランダムに歩いたり、止まったりするため、タイム誌は「何匹かでレースすると、どのカメが勝つかまったく予想できない」と評価している。

心温まる発明という感じでしょうか。

ウォーキービッツ・デコレ ドット

ウォーキービッツ・デコレ ドット

ウォーキービッツ ソーダ

ウォーキービッツ ソーダ

ウォーキービッツ ラメ スノー

ウォーキービッツ ラメ スノー

ウォーキービッツ ピーチ

ウォーキービッツ ピーチ

ウォーキービッツ ラメ グリーン

ウォーキービッツ ラメ グリーン