大人の科学マガジン9

ホームスターは逃してしまったので、これは絶対に欲しいところ。大人の科学マガジン09号 究極のピンホール式プラネタリウムによれば、

大人の科学編集部は、世界で最も先進的なプラネタリウム・メガスターを開発したプラネタリウムクリエイター大平貴之氏と3年ほど前より、新しいプラネタリウムの企画検討を進めてきた。それが、今回JAXA(宇宙航空研究開発機構)「宇宙オープンラボ」のバックアップの元、かつてない星空を映し出すピンホール式プラネタリウムが完成した。

ということで、なんと約10,000個の恒星データがプロットされているそうです。家の中、いろいろな場所で星空が堪能できるって、ええなぁ~。寝る前に星空を見たい。これが2,200円ですぜ!

大人の科学マガジン9