搭乗できる巨大ロボット「LAND WALKER」が生まれるまでという記事より。

「LAND WALKER」をご存じだろうか? 人が搭乗し、すり足ではあるが、立派に2本の足で移動できる“巨大ロボット”だ。全高は3メートル40センチ。重量は1トン。アニメの世界から出てきたような外観を持ち、しかも圧縮空気を使ってクッションボールを打ち出す“武装”まで施されている。

以前、紹介した「LAND WALKER」をITmediaが取材しています。

インタビューに応じてくれたのは、LAND WALKER 01の企画から製作までを担当した南雲正章氏。

どうでもいいですけど「南雲」という名前がまた、雰囲気を醸し出していますね。開発のきっかけについても「自分が乗って見たかったからです」ときっぱり。南雲さん、ナイス! 単純だけどこれ重要。

続きは是非、ウェブ搭乗できる巨大ロボット「LAND WALKER」が生まれるまででご覧ください。

■関連記事

保存版?:「LAND WALKER」完全搭乗マニュアル

来るべき宇宙世紀に備え、巨大ロボットの操縦くらいはマスターしておきたいもの。そこで今回は、榊原機械製の遊技用搭乗型ロボット「LAND WALKER 01」(2005年式)を例に、搭乗から操縦、銃器の取り扱いまでを勉強しましょう。