「プレイステーション」の出荷、1億台を突破 - 発売10年を待たずしてだそうです。

家庭用ゲーム機として1994年12月3日に登場した初代のプレイステーション(PS)と、その小型版PS oneの累計出荷台数が全世界で1億台を超えた。据え置き型の家庭用ゲーム機としては初めてのことで、後継のPS2も含めると1億7,000万台以上が販売されたことになる。

1億台も凄いですが、あれから10年か‥‥と思うと、それも感慨深いです。あれから10年も~、この先10年も~♪

「いまだ現役として活躍する息の長いゲーム機」というのも凄いことですね。2000年に発売したPS2は、3月末時点で7,000万台ということで、プレステよりも早いペースではないでしょうか。

■関連記事

初代PS/PS oneの世界累計出荷台数が1億台を突破

1994年12月3日に国内で発売された初代PSは、米国(1995年9月9日発売)と欧州(1995年9月29日発売)のほか、アジア、中近東、アフリカ、オセアニア、中南米など約120カ国/地域で販売され、2000年に小型軽量タイプのPS oneにモデルチェンジ。発売から約9年半で累計1億台を達成した。

PS出荷、1億台超える

PS用ソフトは、3月末時点の累計で7300タイトル、9億4900万本出荷した。