Oohashi 8720

鳥取県よりお招き頂いた、2泊3日の「鳥取ブロガーツアー」。最初の宿泊地「三朝温泉」で宿泊したのは老舗旅館の「旅館 大橋」です。

Oohashi 8722

到着して早速、抹茶と餅を頂きました。いきなりのおもてなし、さすが老舗の旅館です。

Oohashi 8724

畳の部屋も趣がありました。

Oohashi 8727

早速、温泉へ。

Oohashi 8728

三朝温泉といえば、世界有数の放射能泉ということで、湯治でも利用される温泉なのですね。

Oohashi 8729

(↑みうみう@新製品スクラップ

食事まで時間がなかったのでちょっと駆け足の入浴になりましたが、夜と朝では風呂場が別になっていました。

Oohashi 8758

朝に入った「岩窟の湯」が、温泉が自然噴出している方でした。

Oohashi 8761

「自然の岩の中から温泉がわいております」ですよ!!

Oohashi 8759

河原の岩風呂に立派な屋根をかけた、という感じというか、まずはそこに温泉ありきだろう、そんな場所なのですね。

Oohashi 8760

見た目は岩場なんです。足元からブクブクと泡が立っていて、まさにそこから湯が出ているのですよ!

この体験はなかなか凄かったです。

Oohashi 8731

さて夕食は「ブロガーご一行様」に照れつつ大広間へ。

Oohashi 8734

海の幸に山の幸に、ごちそうを頂きました。

Oohashi 8735

鳥取県は海に面しつつ山もあるので、食べるものが本当に美味しいんですよね。

Oohashi 8741

部屋がライトダウンして登場したのが、漁火をモチーフにした刺身盛です。「現代の名工」「美食アカデミー賞」など数々の賞を受賞した料理長が造りだす季節の創作会席凄い!!

Oohashi 8744

満腹になりつつ、地酒をうまうまと頂きました。

そして!

この後!

Oohashi 8748

@mehori河原の露天風呂にも遠征しちゃいましたよ!

Oohashi 8750

あたりは真っ暗ですが‥‥

Oohashi 8751

フラッシュをつけるとかろうじて見える!

ということで、小一時間ほど暗闇の露天風呂で温まりました。22時過ぎくらいでしたけど、さすがにこの時間は入浴している人がいなかったですね。

Oohashi 8764

翌朝、明るくなってから旅館の中を撮影したのですが‥‥

Oohashi 8765

さすが老舗旅館だけあって、柱も床も時間の経過を感じました。

Oohashi 8770

ザ・旅館の朝食も美味しく頂きました。普段はあまり朝食は食べないのですが、旅館だとお代わりする勢いで食べてしまうんですよね。

Oohashi 8771

きっと海苔の佃煮が美味しいからに違いない!

Oohashi 8776

部屋に戻ると「ポケットラヂムリエ」なるパンフレットを発見しました。

Oohashi 8777

ラドン温泉の効能が説明されていました。吸ってよし、入ってよし、飲んでよし、だそうです。飲泉もしましたけど、三朝温泉の温泉は飲みやすかったですよ。

Oohashi 8778

朝になって分かりましたが、窓からの景色も素敵な部屋でした。

「テルマエ・ロマエ」にも登場するという「三朝温泉」の、老舗旅館「旅館 大橋」でした。これぞ旅館です。

↓で「鳥取ブロガーツアー」参加者の記事まとめをしています!

「鳥取ブロガーツアー」日本一危険な国宝・投入堂に登ったり砂丘を歩いたり牛骨ラーメン食べたり! - NAVER まとめ

鳥取県三朝温泉 露天風呂付客室の宿 旅館大橋

住所:鳥取県東伯郡三朝町三朝302-1


大きな地図で見る