Suna bijyutsukan 8665

鳥取県よりお招き頂いた、2泊3日の「鳥取ブロガーツアー」最初の訪問地は、鳥取砂丘のそばにある「砂の美術館」でした。砂で作られるアート。なめてかかると火傷します。マジ、スナ、スゴイ。

実は、この日は「砂の美術館」の休館期間のうちの一日だったのです。休館して何が行われていたかというと、新しい展示物が作られていたのですよ!!

Suna bijyutsukan 8648

マジ、スゲー。

「砂の美術館」の展示物は、砂で作られています。屋外に作られるものもあるのですが、基本的にはこのような体育館の中に作られます。

Suna bijyutsukan 8649

作業着に一輪車の人たちが、ひっきりなしに出入りしているのですよ。完全に“現場”ですよね。

Suna bijyutsukan 8650

コテのようなものを使いながら、作業をしている人たちもたくさんいます。

Suna bijyutsukan 8651

一つ一つの砂像は、高さ3mとか4mとかあったりする訳です。水で固めた砂から、せっせと形をつくり出していきまする人力で。

Suna bijyutsukan 8652

どうやったら、砂でこんな模様ができるのか‥‥と思ってしまいますよね。

Suna bijyutsukan 8653

材料は砂と水です。接着剤などは使いません。だから、少しずつヒビが入ったりもする訳でして、最も美しい状態を観るならば、やはり早いタイミングが良いのかもしれません。

Suna bijyutsukan 8654

これ、砂なんですぜ?

子供の頃に砂遊びしましたけど、テクニックだけでなく、スケール感が半端なく違うのです。砂と水を、アートに昇華した人、凄いです。

Suna bijyutsukan 8655

かき出される砂。そして、それを運び出す人々。もし、鳥取の「砂の美術館」に行く機会がある人は、この光景をよく覚えておいて頂くと良いと思います。

Suna bijyutsukan 8656

こちらは完成品の一つ。

Suna bijyutsukan 8657

外国人の制作者。ヘッドホンでノリノリになって、砂を加工していました。素敵な光景でした。

Suna bijyutsukan 8660

まさにアート。

Suna bijyutsukan 8662

こちらは外の展示物です。屋根がつけられていますね。

さて、今回、作られていた展示は2013年4月20日〜2014年1月5日まで「砂で世界旅行・東南アジア編」として公開されます。もちろん、近くで見られまっせー!

どんな風に見られるかって?

それでは、昨年に訪れた時の様子を写真でご紹介しておきましょう!

Suna bijyutsukan 4244

Suna bijyutsukan 4245

Suna bijyutsukan 4246

Suna bijyutsukan 4247

Suna bijyutsukan 4249

Suna bijyutsukan 4250

Suna bijyutsukan 4251

Suna bijyutsukan 4252

Suna bijyutsukan 4256

Suna bijyutsukan 4258

Suna bijyutsukan 4262

Suna bijyutsukan 4263

Suna bijyutsukan 4268

Suna bijyutsukan 4269

Suna bijyutsukan 4270

どうですか。圧倒的なスケールだと思いませんか。実物を見ると、間違いなく度肝を抜かれると思いますよ!

Suna bijyutsukan 4273

どのくらい固いのか、砂像に触ってみたくなるのが人情というもの。もちろん実際の展示物に触ることはできませんが、前回は触れるコーナーが用意されていました。

Suna bijyutsukan 4275

「砂の美術館」全景。

Suna bijyutsukan 4292

日本人の砂像彫刻家もいます。

たかが砂‥‥ではありません。体験しないと分かりにくいのですが、砂でアートするということに対する価値観が、根底からひっくり返る場所が「砂の美術館」だと思います。

↓で「鳥取ブロガーツアー」参加者の記事まとめをしています!

「鳥取ブロガーツアー」日本一危険な国宝・投入堂に登ったり砂丘を歩いたり牛骨ラーメン食べたり! - NAVER まとめ

鳥取砂丘 砂の美術館

住所:鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17


大きな地図で見る