Maimai ido 6123

かたつむりの形をした井戸がある。東京都羽村市には。面白いですよね。面白いんです。しかも、井戸の中まで立ち入ることができます。鎌倉時代に創建されたと推定されている、螺旋状に掘られたかたつむり状の井戸「五ノ神まいまいず井戸」です。駅の目の前にあるので分かりやすいです。

「まいまいず井戸」とはなんなのか?

Maimai ido 6119

羽村駅東口、徒歩1分のところに「まいまいず井戸」はあります。現在は住宅街として整備されている東口ですが、かつては桑畑やススキが生えていたのだと、タクシーの運転手さんが教えてくれました。

Maimai ido 6121

そんな一角に、東京都指定史跡「まいまいず井戸」はあります。

Maimai ido 6124

「まいまいず」はかたつむりのことで、井戸に向かう通路の形状がこれににていることから「まいまいず井戸」と名付けられました。掘る技術が未発達のところに、さらに掘りにくい地質だったことから、こうした形状になったということです。

Maimai ido 6125

上から見学するだけかと思いきや、下まで降りることができました。

Maimai ido 6126

まいまいの中へ螺旋で下ります。

Maimai ido 6127

最深部。水も枯れてはいません。

Maimai ido 6129

見上げると2〜3階建てくらいの高さがあります。崩れやすいところを掘るための工夫、興味深いです。

Maimai ido 6130

「まいまくず井戸」と繋がった敷地に「五ノ神社」もあります。

Maimai ido 6131

このあたりの地名も五ノ神です。

Maimai ido 6120

「五ノ神社」は601年創建と伝えられているそうです。

西友のすぐ横にあります。え、こんなところに? というような場所で驚きました。

「tokyo reporter 島旅&山旅」について

東京都の観光PR事業から招待頂き、東京都羽村市の取材をしています

12071302 1247969861895207 2006057593 n