20171205150725

Pebbleがなくなり、どうもApple Watchには食指が動かず、新たなスマートウォッチを探していました。そのアンテナに引っかかてきたのが、Kickstarterで出資を募集していた「Tciwatch」です。8月に存在を知り、iOS&Android対応のスマートウォッチ「Ticwatch S & E」が気になるという記事を書いていました。

ノーマルモデルの「Ticwatch E」とスポーツタイプの「Ticwatch S」がありますが、ぼくが投資していたのは前者です。それがようやく届いたので、ファーストインプレッションをお届けしたいと思います!(日本でどのくらいのユーザーがいるのでしょうね?)

「Ticwatch」開封の儀

Ticwatch 30150040

ぼくの「Tciwatch」はDHLで届きました。

Ticwatch 30150254

パッケージには本体の他、液晶保護フィルムと追加の専用充電ケーブルが入っていました。

Ticwatch 30150327

液晶保護フィルム。

Ticwatch 30150423

追加の専用充電ケーブル。

いずれも追加注文した記憶はない‥‥というか本体のみの注文だったのですが、おまけのプレゼントでしょうか。

Ticwatch 30150516

こちらが本体のパッケージをあけたところ。

Ticwatch 30150806

下には充電ケーブルが入っていました。2本目。

Ticwatch 301508451

丸みを帯びてかわいいデザインです。価格も150ドルくらいのものなので、高級感はあまりありません。プラスティッキーな感じ。個人的には愛着のわくタイプです。

Ticwatch 01152846

充電端子を含めた背面です。割りとカチッとはまります。

Ticwatch 30153154

電源を投入したところ。かわいい! そこはかとなくかわいい!

「Ticwatch」の感想

とりあえず届いてから数日間の使用なので、まだ色々と分からないところがあって逆にワクワクしています。OSはAdnroid Wearなので、恐らく使い勝手は他のAdnroid Wear端末と変わらないのではないかと思います。ただ、フィットネス用の専用iOSアプリもあるので、そのあたりまで使い込んでくると違いも分かるようになってくるでしょうか。

スマートウォッチとして使用していたのがPebbleとPebble Timeだったので、その違いというか、けっこう「Tciwatch」は端末として独立しているんだな、というところで驚いたというか感心したというか。

Pebbleは何をするにしても母艦となるiOSアプリが必要でした。アプリのインストールから何から、とりあえずiOSアプリの母艦から操作している感覚が強かったのですが「Ticwatch」は単体でWiFiに接続したり、本体からアプリを検索してダウンロードしたり、何かと本体側メインでする作業が多いです。

というか、むしろiOSアプリからできることはほとんどない!?

スマートウォッチの肝はスマートフォンに届いたプッシュ通知を見られるところだと思っていますが、今のところそれに関しては非常に便利に使えています。もう少し通知内容が多く表示されたら、と思いますが、Facebookメッセンジャーなどはなんとなくの会話を追うこともできます。

あとはIIJmioのクーポン残量をウォッチフェイスに表示できるというアプリがあったので(有料)、試しにインストールしてみました。どうやって表示するのかとしばらく悩んだのですが、ウォッチフェイスのいち要素として表示できることに気づきました。クーポン残量が切羽詰まることはほとんどないですが、APIを利用してこうしたアプリが作れるのもAndroid Wearの良さなのかもしれません。

バッテリーの持ちに関しては、最初はあっという間に切れてしまって驚いたのですが、バッテリーのエイジングが必要な場合があるらしく、空にして充電するというのを2回くらい施したら改善したように思います。

具体的には、常にウォッチフェイスを表示しているというモードで、さらにGoogleアシスタントが待機していたり、とにかくバッテリー消費しそうなものをオフにしない状態で24時間強は使えています。細かいことをケアすれば1日半から2日間くらいはバッテリーが持つのかな、というのが希望的観測です。

欲を言えば2日間くらいは普通に使えて欲しいところですが、そのあたりは要調整でしょう。なお、iPhoneと接続が切れた状態だとバッテリー消費も早いようです。これはものすごく感じました。

そのまま日本語表示しますし、Googleアシスタントの「OK Google」も日本語で使えますし、日本語化が必要だったPebbleよりはかなり使いやすいのではないでしょうか。

いずれにせよ、スマートウォッチはやはり便利だし楽しいです。しばらくウォッチフェイスやアプリを探して楽しみたいと思います!

iOS&Android対応のスマートウォッチ「Ticwatch S & E」が気になる(今なら119ドル〜)