スポンサードリンク

気象庁、台風19号を命名へ

スポンサードリンク

4860645553

気象庁が42年ぶりとなる、台風の名称が決める方針であることが明らかになりました。気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶりという記事になっていました。

気象庁は15日、全国で甚大な被害をもたらした台風19号の名称を定める方針を決めた。台風に名前を付けるのは1977年の「沖永良部(おきのえらぶ)台風」以来42年ぶりとなる。

スポンサードリンク

台風の名称を決める基準として「大規模損壊1000棟以上、浸水家屋1万棟以上、相当の人的被害」というものが策定されたそうなのですが、今回の台風19号も基準を満たすとして、名称を決めるということです。

「令和元年○○台風」となる見込みだそうですが、被害地域が広範囲に広がっていることから、名前をつけるのも難しそうです。「東日本」とかでしょうか。

2020年5月までに台風の名称を定めるとしています。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

軽量コンパクトなウェアラブルデジカメCANON「iNSPiC REC」

次へ

10月22日は2019年だけの祝日 → 祝賀パレード延期でも祝日はそのまま