スポンサードリンク

【Dropbox】特定の相手にファイル転送できるサービス「Dropbox Transfer」開始

スポンサードリンク

【Dropbox】特定の相手にファイル転送できるサービス「Dropbox Transfer」開始

Dropboxが、特定の相手を指定し、有効期限を設定してファイル転送できる「Dropbox Transfer」というサービスを開始しています。これまでのDropboxはファイル共有でしたが、ここに「宅ふぁいる便(サービス停止中)」のようなファイル転送サービスが加わります。

スポンサードリンク

「Dropbox Transfer」の使い方

「Dropbox Transfer」の使い方は簡単です。サイトにアクセスし、ファイル転送したいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするだけです。

【Dropbox】特定の相手にファイル転送できるサービス「Dropbox Transfer」開始

ファイルをドラッグ&ドロップすると、有効期限を設定することができます。プロアカウントだと、カスタム日付とパスワードも設定することができます。

【Dropbox】特定の相手にファイル転送できるサービス「Dropbox Transfer」開始

プロアカウントだと、さらに背景デザインを変更したり、ロゴを設定することができます。企業利用の場合には、こうしたカスタマイズがあると便利です。

【Dropbox】特定の相手にファイル転送できるサービス「Dropbox Transfer」開始

ファイルをアップロードしたら、転送準備は完了です。表示されたURLをコピーし、それをファイル転送したい相手に送信するだけです。

【Dropbox】特定の相手にファイル転送できるサービス「Dropbox Transfer」開始

ファイル転送した履歴は、一箇所で管理することができます。

【Dropbox】特定の相手にファイル転送できるサービス「Dropbox Transfer」開始

閲覧回数やダウンロード回数を確認することができます。

Dropboxアカウントを持っていない相手にも、100MBまでのファイルを送信することができます。

転送パッケージの上限はプランによって異なります。

Basic(無料):100 MB
Plus: 2 GB
Professional: 100 GB
Business Standard: 2 GB
Business Advanced、Enterprise、Education: 100 GB

以下、注意点です。

・転送によって共有したファイルは、共有相手のDropboxフォルダには表示されません

・転送は7日間が経過すると自動的に有効期限切れになります

ファイルを受け取る方の見え方

「Dropbox Transfer」でファイルを受け取る方の画面です。

【Dropbox】特定の相手にファイル転送できるサービス「Dropbox Transfer」開始

送られてきたURLをクリックした際の表示画面です。

ダウンロードしたり、Dropboxに保存したりすることが可能です。

(via やじうまWatch

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【iOS 13】モバイルデータ通信の不具合を解決する「iOS 13.2.2 ソフトウェアアップデート」リリース

次へ

藤田ニコル「ステマ依頼は個人的にいっぱいくる」