スポンサードリンク

広告モデルによる無料タクシー「nommoc (ノモック) 」発表

スポンサードリンク

nommoc (ノモック)

スマートフォンで配車し、無料で乗ることができる広告モデルの無料タクシーサービス「nommoc (ノモック) 」が発表されました。

スポンサードリンク

実際には「タクシー」と謳うことはできないのでしょうが、分かりやすく無料タクシーサービスとしておきます。

なぜ無料になるのか?

アプリに自分の情報を入力しておくことで、目的地に着くまでの間、車内のディスプレイにパーソナライズされた、店や商品についての最新の情報が流れるという広告モデルです。

単なる広告表示で終わらないのは、AIにより行動パターンを分析し、先回りしてスタンバイすることや、好みを学習し、より高い精度で、オススメの行き先や欲しい情報を届けてくれるようになるというものです。より効果の高い広告が表示されるようになるのでしょうか。

2019年3月サービス開始を目指して開発と資金調達を行っていく予定ということですが、1年もない期間ということは、実際には開発はかなり進んでいるのでしょうか。

初年度は福岡・天神を中心に試験運用し、2020年を目標に日本主要都市で展開を目指すとしています。

会社としての事業内容は「移動型広告プラットフォームの開発」となっています。

タクシー広告というとJapanTaxiとフリークアウトの「Tokyo Prime」を思い出しますが、こちらはあくまでも乗車料金があっての広告です。果たして広告だけで乗車料金プラスアルファを生み出せるのか‥‥というのは、興味があるところです。

「移動がただの移動ではなく、移動中も人々に価値を与え」というあたり、乗車体験に価値を持たせるというのは、先日体験した日産とDeNAの自動運転車両サービス「Easy Ride」にも通じるところがあります。

個人的にはタクシーに乗っている時に搭載された端末から情報を摂取するかどうかは分からないのですが、もしかすると大きな可能性がある分野なのかもしれませんね。

今後、自動運転が当たり前となり、タクシーやライドシェアサービスを利用する人が増えると、クルマの中が広告スペースになるというのは分かる気がします。

余談ですが、無料タクシーサービスと聞いて真っ先に思い浮かべたのは、アスキーインターネットフリーウェイ、広告を表示する無料のインターネット接続サービスでした。

スポンサードリンク

前へ

【macOS】アプリが32bitか64bitか確認する方法

次へ

ネタリスト(2018/05/09 07:00)一世を風靡したニコニコ生放送が「オワコン化」した理由