2016 08 22 1203

預けておいた洋服や靴を、出張先や旅先に届けてくれ、なおかつ保管時にはクリーニングまでしてくれるというクラウドクローゼット「DUFL(ダフル)」というサービスが、日本上陸を予定しているそうです。“手ぶらで出張”の「DUFL」が年内にも日本上陸という記事になっていました。

ユーザーはまず、自身の衣類や靴、スポーツ用品などを、あらかじめDUFLのクラウドクローゼット(倉庫)に郵送して預けておく。そして、出張や旅行の際に、DUFLアプリを立ち上げ、クローゼットから「シャツ2枚」「靴下3枚」など必要なものを選び、滞在先のホテルなどを受け取り場所に指定すると、宿泊当日までにDUFLスーツケースに入った荷物がホテルに届く。

旅や出張が多い人には、手荷物を大きく減らせるサービスとなるでしょうか。もしも荷物が届いていなかったら‥‥なんていう心配もしてしまうのですが。

使い終わったら衣類を専用のスーツケースに詰めて回収してもらえば、クリーニングして次回の使用を待つ、という状態になるということです。

米国では2015年5月から提供されているDUFL。ユーザー数は非公開だが、頻繁に出張をするビジネスパーソンから高い支持を得ているという。

気になる利用料金ですが、月額9.95ドル、クリーニング代と往復送料を含む1回の利用料が99ドルとのことです。決して安くない金額なので、やはりビジネス用途ず中心となるでしょうね。

福利厚生の一環として「DUFL」を利用できるようにしている企業もあるということですが、それなら使いやすいかもしれません。

新たなマーケティングの場としても、DUFLが活用されるかもしれないと塚本氏は話す。たとえば、ユーザーの許可を得たうえで、送り届けたゴルフバッグの中に、ゴルフメーカーの新作のゴルフクラブを試打用として入れておくこともできる。

単なるクローゼットではなく、こうした将来性も面白いところです。新製品の洋服を入れておき、気に入ったら購入してもらう、ということも不可能ではありませんね。

日本でもトランクルームのクラウドサービスは「minikura」や「HIROIE」があり、こうしたサービスも徐々に浸透中といったところでしょうか。